2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 新型コロナウィルスに際した小劇場の脚本家兼演出家兼役者である主催者のコメント2つ | トップページ | 新型コロナウィルスを受けた小劇場の対応の様子続々編 »

2020年4月 3日 (金)

新型コロナウィルスで劇団☆新感線は福岡全公演中止、こまばアゴラ劇場は4月の全公演中止

ここまで感染拡大の気配があるのではやむなしだと思います。

先に劇団☆新感線「『偽義経冥界歌』福岡公演中止のお知らせ」から。

日頃より劇団☆新感線を応援頂き、誠にありがとうございます。

『偽義経冥界歌』福岡公演(博多座)につきまして、この度の新型コロナウイルスの感染拡大状況や政府および地方自治体の方針等を鑑み、4月4日(土)から4月28日(火)までの全公演を中止させて頂くことといたしました。

ご観劇を心待ちにしてくださっていた皆様には、ご迷惑とご心配をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

公演中止の詳細と公演中止に伴うチケットの払い戻し方法につきましては、福岡公演の主催となる博多座の公式サイトにてご案内しておりますので、そちらをご参照ください。

◎博多座公式サイト

本公演に関わるキャスト・スタッフ・関係者一同、このような形で公演を終わらせることになったことを、とても残念に思っています。

今は一日も早くこの状況が落ち着くようお祈りすると共に、またいつもの新感線のにぎやかな舞台を皆様にお届けできるよう、精一杯務めてまいります。

皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

2020年4月1日
東京グローブ座/ヴィレッヂ

こまばアゴラ劇場は「【こまばアゴラ劇場】4月の公演の中止について」から。

更新日:2020.04.02

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う、東京都の夜間・週末における引き続きの外出自粛要請・4月1日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」等を受け、こまばアゴラ劇場では上演団体とも協議し、下記の劇場主催公演を中止することといたしました。

 4月3日(金)~13日(月) うさぎストライプ『いないかもしれない』
 4月17日(金)~21日(火) ひなた旅行舎『蝶のやうな私の郷愁』
 4月25日(土)~5月5日(火・祝) ぱぷりか『柔らかく搖れる』

以降の公演については、今後の状況も見ながら確定次第、お知らせいたします。
各団体の告知についてはそれぞれのWebサイトをご覧ください。

うさぎストライプ
https://usagistripe.com/

ひなた旅行舎
https://hinataryokosha2019.wixsite.com/hinata

ぱぷりか
https://yes297.wixsite.com/pap926

以下、こまばアゴラ劇場芸術総監督・平田オリザによるメッセージです。

 こまばアゴラ劇場では、上記三つの上演の中止を決定しました。
 ここまで準備を進めてきた上演団体の皆さんは身を切られるような思いかと存じます。
 また、支援会員の皆様、すでにチケットを買ってくださっていた皆様、上演を楽しみにしてくださっていた皆様には、たいへん申し訳なく感じます。

 公演の主催者として、それぞれの劇団には休業補償にあたるものを支払い、また単なる中止ではなく延期や映像配信などの検討にも入っています。
 一刻も早く、このウイルス禍が沈静し、正常な上演活動の灯が取り戻されることを願っています。
 また、この間、深い傷を負った劇場文化、演劇文化の恢復のために、国家や自治体の一層の支援を提言していきます。
 さらに、個人的にも様々なバックアップの方法を模索しておりますので、皆様、引き続きのご支援、ご協力をお願いいたします。
 劇場の灯を消さないように、全力を尽くします。

こまばアゴラ劇場 芸術総監督 平田オリザ

ちなみにいろいろ調べている中で、他の公演中止した劇団のコメントもみつけました。今回は引用しませんが、これが昨日の「新型コロナウィルスに際した小劇場の脚本家兼演出家兼役者である主催者のコメント2つ」、あるいは3月上旬の「新型コロナウィルス騒動で改めて演劇の公共性に関する平田オリザのコメント」と受ける印象が全然違って、何が違うんだろうと考えました。

前田司郎や江本純子は「私」と「あなた(たち読者)」でできた文章です。なので文章にヒエラルキーがありません。書き手と読み手が並列です。平田オリザの文章は「公共性」を訴えた文章です。公共性を持つものとして、教育や医療やスポーツを挙げた上で、芸術を並列に位置づけています。さらにそう認めない人の存在を肯定したうえで、公共性も変わるものだと説明を続けます。

ですが「私」と「芸術」を主語にした文章の場合、「私」と「芸術」が並列になることで「芸術がすごい」イコール「私もすごい」、「芸術が大事」イコール「私も大事」と混同しやすい文章になってしまう上に、それ以外の「あなた(たち読者)」や「他分野(教育や医療やスポーツや他のいろいろ)」が主語の引立て役になって上下関係が生まれます。これは反感を買いやすい文章になってしまいます。

自分が文章を書くときも、主語の選択による並列性を心がけたいと思います。まあそれですぐに直せるなら苦労はありませんが。

« 新型コロナウィルスに際した小劇場の脚本家兼演出家兼役者である主催者のコメント2つ | トップページ | 新型コロナウィルスを受けた小劇場の対応の様子続々編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウィルスに際した小劇場の脚本家兼演出家兼役者である主催者のコメント2つ | トップページ | 新型コロナウィルスを受けた小劇場の対応の様子続々編 »