2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 新型コロナウィルス騒動で日本の芸術団体は団結していないし演劇業界はぶっちぎりで団結していないことがわかったという話 | トップページ | 不要不急で無駄だからこそ芝居は文化たりうる »

2020年5月17日 (日)

新型コロナウィルス対策のソーシャルディスタンスの客席シミュレーション写真

元写真が本人撮影か、送られてきたものを共有したのかわかりませんが、セカンドライフという劇団の主催者(名前は出さない方針だそうです)がTwitterに載せていました。ずいぶん立派な劇場ですが、どこでしょう。固定客席だけど前後がまっすく配置され互い違いになっていないので、歴史の長い劇場という印象を受けます。

それはさておき。中2階は抜いて、多少幅はあるけどざっと1列30人が15列の450人。私の知っている劇場だと、紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAを少し横長にした感じ、旧パルコ劇場を長方形に直した感じ、でしょうか。座席の大きさが、換気能力計算で調べた新国立劇場小劇場だと幅50cm奥行91cmなので、1列空けるのはほぼ同じ、幅は4席飛ばしのところを3席なのは写真の劇場の座席幅が多少広いか口元の距離で計算したか。でもだいたい写真の通りですね。

で、手前が見切れているのでもう1人くらい入りそうですけど、それでも62人かな。音響オペとか複数人必要な場合はどうするんでしょう。Twitterにはどこまで本気か「最前列は座ってはダメですよ。舞台に近すぎます。最前列の客が咳をしていたら、ステージ上も危険でしょう。」と返信が付いていて、それを実行したらさらに5、6人減ります。

一応、互い違いになる前提で、間が3席空くなら、1列空きはなくしてもぎりぎり大丈夫かもしれませんが、それにしたって単純に倍で120人前後。450人の劇場にこれだけしか入らないのは、観るほうも演じるほうも落着きません。

難しい問題です。

« 新型コロナウィルス騒動で日本の芸術団体は団結していないし演劇業界はぶっちぎりで団結していないことがわかったという話 | トップページ | 不要不急で無駄だからこそ芝居は文化たりうる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウィルス騒動で日本の芸術団体は団結していないし演劇業界はぶっちぎりで団結していないことがわかったという話 | トップページ | 不要不急で無駄だからこそ芝居は文化たりうる »