2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 6日間の公演で新型コロナウィルスのクラスターが発生した公演の事実経緯報告書 | トップページ | 新たに稽古場でクラスターが発生した記事を見て稽古場はカラオケボックスと同じという感想に至る »

2020年8月 2日 (日)

自由自在な声の役者が逝く

立石涼子のことです。朝日新聞より。

 立石涼子さん(たていし・りょうこ=俳優、本名立石凉子〈たていし・りょうこ〉)が2日、肺がんで死去、68歳。葬儀は近親者で営む。

 長崎県出身。76年から14年まで演劇集団円に所属。確かな演技力で幅広い役柄をこなし、蜷川幸雄演出作など多くの舞台に出演した。04年に「エレファント・バニッシュ」などで紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。ドラマ出演や声の吹き替えも多数。

「エレファント・バニッシュ」に出ていたのは記憶があるけど、自分が認識したのは「春琴」の語り。読み直したら絶賛していた。そこから飛んで「ガラスの動物園」も覚えていて、これは登場人物の少ない芝居とはいえ、やっぱり絶賛していた。

今さら知ったのは、演劇集団円の出身であること。新劇と呼ばれる劇団出身のベテランは芸達者が多い。日本の芸能界の、ある種の芸の系譜を、具現化していた役者だった。

合掌

« 6日間の公演で新型コロナウィルスのクラスターが発生した公演の事実経緯報告書 | トップページ | 新たに稽古場でクラスターが発生した記事を見て稽古場はカラオケボックスと同じという感想に至る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6日間の公演で新型コロナウィルスのクラスターが発生した公演の事実経緯報告書 | トップページ | 新たに稽古場でクラスターが発生した記事を見て稽古場はカラオケボックスと同じという感想に至る »