2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 緊急要望を出したのにニュースで公開しない演劇業界 | トップページ | 自分たちの実験結果をガイドラインに反映させるクラシック業界 »

2020年9月15日 (火)

芝居の客席数の50%制限が9月19日から11月末まで暫定緩和される

いまだにこの手の資料がどこで発表されるのかわかっていないのですが、今回は「【事務連絡】9月19日以降における催物の開催制限等について」という題で内閣官房の「新型コロナウイルス感染症対策」ページに載っていました。

厳密にはこれまで

①収容人数10,000人超⇒収容人数の50%
②収容人数10,000人以下⇒5,000人
(注)収容率と人数上限でどちらか小さいほうを限度(両方の条件を満たす必要)

となっていたところ、

〇 得られた知見等を踏まえた業種別ガイドラインの見直しを前提に、必要な感染防止策が担保される場合(別紙3「収容率及び人数上限の緩和を適用する場合の条件について」)には緩和することとし、当面11月末まで、以下の取扱いとする方針とする。
 ①収容率要件については、感染リスクの少ないイベント(クラシック音楽コンサート等)については100%以内に緩和する。その他のイベント(ロックコンサート、スポーツイベント等)については50%以内(※)とする。
 ②人数上限については、5,000人を超え、収容人数の50%までを可とする。

とされました。この中で収容率要件が100%に緩和されるイベントとして

大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの・クラシック音楽コンサート、演劇等、舞踊、伝統芸能、芸能・演芸、公演・式典、展示会等

と演劇が明記されています。たいていの劇場の収容人数は5000人以下で、その場合は「収容率と人数上限でどちらか小さいほうを限度」でも、客席数100%のほうが小さいほうに該当するため、全席販売が可能になります。

この資料は細かいところに注意書きがたくさんあって、私の理解では客席数(収容率)以外は、消毒飲食その他もろもろ何も緩和しませんという内容です。それでもあらゆる団体で一番気になっていた個所が暫定ですが元に戻ったので、上演側には喜ばしい内容でしょう。

私は実験の報告書を読んでもいまいち安心できなかった人なので、もう少し緩和を待ったほうがいいんじゃないかと考えていました。今後の動向に注目です。

« 緊急要望を出したのにニュースで公開しない演劇業界 | トップページ | 自分たちの実験結果をガイドラインに反映させるクラシック業界 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急要望を出したのにニュースで公開しない演劇業界 | トップページ | 自分たちの実験結果をガイドラインに反映させるクラシック業界 »