2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 阿部サダヲが新型コロナウィルス検査で陽性 | トップページ | 1人当たりに必要な稽古場や劇場の広さを舞台関係者はガイドラインにまとめるべきではないか »

2020年10月10日 (土)

ミュージカル劇団の稽古場で新型コロナウィルスのクラスター発生

正直に公開されるのはいいことです。といいつつ、人数に驚きました。朝日新聞「劇団で62人が集団感染 さいたま市のミュージカル座」より。

森治文 2020年10月10日 19時58分

 さいたま市は10日、市内の劇団「ミュージカル座」の出演者やスタッフら男女62人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市や劇団のホームページによると、感染者は埼玉、東京、神奈川、千葉の1都3県にまたがっている。埼玉県内の新たな感染者はこの日、計100人にのぼり、これまでで最多となった。同県内の感染者は延べ5067人。

 ミュージカル座は同市の彩の国さいたま芸術劇場で20日開幕予定だったミュージカル「ひめゆり」の稽古期間だった。オーディションで選んだ俳優らを含め、同劇団の稽古場で週5日練習をしていた。陽性者との接触歴がわかった男性が自主的に検査を受け陽性が判明。このため、同じ稽古場にいた主役ら90人も検査を受け、うち61人が感染していた。全員軽症か無症状という。集団感染を受け、公演は中止する。

 市によると、劇団は広さ80平方メートルほどの稽古場2カ所の消毒や稽古時の参加者の検温、消毒、マスクやマウスシールドの着用などの感染対策を取り、セリフを言う際も対面の相手の顔から少しずらして話していたという。市は今後、これだけの大人数がなぜ感染したのか原因を調べる。

 劇団のホームページによると、同劇団は8月の公演も関係者に感染者が出たため中止したとしている。

劇団サイトが落ちてアクセスできませんが、公式Twitterでも発表されています。10月20日から10月25日まで6日間8ステージで上演予定の「ひめゆり」の稽古中のことです。

ミュージカルにはうといので「ミュージカル座」という劇団があるのは初耳ですが、関係者だけで62人はさすがに数字の間違いだろうと調べたら、あり得る数字でした。上演予定だったさいたま芸術劇場大ホールで、掲載されていたチラシ画像から読取った情報は以下です。数え間違いがあったらすいません。

・クレジットされているスタッフだけで17人
・役者だけで1公演に52人出演、それで一部ダブルキャストの2組公演、共通主演は17人なので役者は87人
・合計104人の大所帯
・上演予定時間は不明だけど、全41曲

104人中62人、6割なら考えられる数字です。実際には91人中62人で6割8分ですが、あり得ます。

公式Twitterの発表には以下の記載があります。

10月「ひめゆり」公演では、新型コロナウイルス感染拡大防止策に最新の注意を払い、劇場ガイドラインに沿い、演出各所の変更、稽古場での検温、小道具・稽古場全域の消毒、稽古中の換気及びマスク着用など、日々出来る限りの感染防止策を行ってまいりましたが、この度、公演出演者に新型コロナウイルスの陽性者が確認され、ただしに出演者全員と関係スタッフにPCR検査を実施したところ、複数名の陽性者が確認されました。

基本的な対応はしていたと読めます。マスクもしていました。それでも駄目でした。だから中止にしたのは正しい行動で、それはよくぞ決断したという話です。ただ、クラスター発生の原因は何だったか。

今回はこれまでと違って、稽古場の情報が出てきました。ちょっと思いついたことがあるので次のエントリーに書直します。

<2020年10月11日(日)追記>

次のエントリーで稽古場の広さが足りなかったのではないかと書きました。

あと、埼玉新聞の「<新型コロナ>62人感染クラスター発生…さいたまの劇団 検温、消毒、換気、マスクするも…91人で稽古」を追加情報で載せておきます。

感染者は埼玉のほかに、東京都、千葉、神奈川の1都3県に上る。

 市保健所によると、男性出演者が都内の劇団の稽古場で、陽性者と接触したことが分かり、都内の保健所が検査を実施して、6日に陽性と判明した。男性は4日午後1時~同6時、6日午後1時~同7時に行われた稽古に参加。2日間の稽古で出演者やスタッフら計91人が参加しており、劇団が全員に対して自主的にPCR検査を受けるように要請。7日以降、稽古を休止している。

 劇団への聞き取りなどによると、稽古に参加したのは20代が最多で56人。感染者の住所地はさいたま市10人を含む県内14人、都内28人など計62人。21人が陰性、8人は結果待ち。劇団員は14人で、多くはオーディションを受けた出演者らだという。

 劇団は聞き取りに対して、稽古前の検温、消毒、1時間ごとの換気、マスク着用など感染防止対策を実施していたという。市保健所は「業界のガイドラインに基づいて実施したとみている」としている。清水勇人市長は同日の記者会見で、「感染防止対策はかなり行っていたと認識しているが、要因をしっかり把握して、(業界に)対策で追加的な要請が必要であれば、実施していきたい」と述べた。

オーディションがほとんどということは他に仕事や用事がある人も大勢いるでしょうから、このミュージカルに専念できる人ばかりではないということですね。それと、換気が1時間ごとという情報も出てきました。調べているのですが、これだと不十分な気配です。別途まとめます。

« 阿部サダヲが新型コロナウィルス検査で陽性 | トップページ | 1人当たりに必要な稽古場や劇場の広さを舞台関係者はガイドラインにまとめるべきではないか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿部サダヲが新型コロナウィルス検査で陽性 | トップページ | 1人当たりに必要な稽古場や劇場の広さを舞台関係者はガイドラインにまとめるべきではないか »