2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« すっぱり中止できないPARCO劇場の「チョコレートドーナツ」 | トップページ | シアター風姿花伝の換気説明動画 »

2020年12月14日 (月)

感染経路が追えないからクラスターではないと東京都が堂々のギブアップ宣言

ちょっと前に「東京だとクラスター判定が追いつかない劇団四季の新型コロナウイルス2桁感染」というエントリーを書きました。

これを見たら、過去1週間分はすべて調査中です。毎日200人前後の感染者が発生している東京では感染経路の調査が追いついていないのでしょう。ぱっと見はクラスターが疑われますが、クラスターかどうか調べきれない、東京だと市中感染で無症状だったのがたまたま今回検査して陽性になった可能性もなくはない、なんならそれも大いにあり得る、だからクラスターとは言われていないのだと理解しました。

この時の陽性者は10人です。劇団四季の規模を考えたら、10人ならまあ半分以上は市中感染で拾った可能性もなくはないと考えて、こんなことを言っていました。

そして2か月後の今は第3波と呼ばれている真っ最中のニュースです。NHK「豊洲市場 コロナ 160人感染確認 東京都『クラスターではない』」より。

東京 江東区の豊洲市場で水産仲卸業者を中心に新型コロナウイルスの感染の確認が160人になりました。

東京都は「感染経路が追えないケースが多いため、クラスターではない」と説明しています。
東京・豊洲市場ではことし8月以降、水産仲卸業者の従業員を中心に感染の確認が相次ぎ、481の事業者で自主的な検査を進めた結果、3111人中、71人の感染が確認されました。

このほか、散発的に感染が確認された人や濃厚接触者として検査を受けて確認された89人を合わせると、市場全体では7日までに160人になりました。市場の業務に影響は、ないということです。

都によりますと、160人のうち感染経路が分かっている人は16人で、中には同じ水産仲卸業者の従業員もいるということです。

都は「同じ事業者でも短期間で一気に5人以上が確認されたことはなく、別の人の感染が分かるまで2週間以上、空いたケースもあり、保健所からは濃厚接触者にあたらないと説明された。感染経路が追えないケースが多いため、クラスターではない。ただ、対策が甘かったのではないかという声は真摯(しんし)に受け止めている」と話しています。

いやまあ3111人中160人なら5%ちょっとです。それでも160人が陽性で、一部は同じ水産仲卸業者だというなら、細かい追跡は抜きにしてクラスターとみなす、と言ってしまってもいいじゃないですか。

このケース、東京の大半を占める水産物の流通を、これまた忙しい年末にクラスター認定して止めるわけにはいかない、という「政治的な」理由もあるんじゃないかと邪推します。ただその理由にはっきり「感染経路が追えないケースが多いため、クラスターではない」と言われてしまっては、潮目が変わったと言わざるを得ません。

話は変わって関西へ。大阪は医療状況が逼迫して自衛隊の医療部隊から応援を呼んでいますが、その前からハイスキルな医療関係者を応援に出している和歌山県知事が表向き平静を装った非難を述べています。大人の非難として実によくできた文書ですが、その中の記述です。

 図のように、今回の問題を考える時の構造は次のようになっています。すなわち、国民の誰かがコロナにかかったとしますと、その人と病院との間に保健所や、それを統括している都道府県の保健医療行政チームがいるわけです。この人達が陽性者を隔離し、その陽性者から行動履歴を聞いて、他に感染している人がいないかを発見して、PCR検査をし、隔離し、行動履歴を調査して、という地道な努力をずっと続けているのです。

 この人達は、陽性者又は患者を適当な病院へ入院させるアレンジも(和歌山や他の感染を比較的抑え込んでいる県は全員入院です。)するわけで、この人達がコロナの感染を局地的に抑え込めていれば、コロナの爆発は防げて、病院の崩壊などは起こりようがないのです。

 和歌山県のこのチームは本当によく仕事をしてくれていまして、そのトップたる私は、ただただ彼らを慰めたり、励ましたり、スタッフを増やして援軍を送ったり、メインの仕事に専念できるように周りの雑務は他の部隊で処理するように取り計らったり、そんなことを一生懸命しています。仕事の様子も詳細に聞いていますので、現場でどんな活動がされているか分かってきますし、他県がその点でどうなっているのかも如実に分かります。東京・大阪のように爆発してしまうとその収拾にはとても時間がかかるのですが、そこをまじめにしっかりとやっておかないと、感染爆発が起こるぞということもよく分かります。

規模が違うから一概にはいえませんが、保健所や保険医療行政チームが要なのはどの都道府県でも一緒でしょう。ということは、東京は感染経路が追えないとコメントを出した時点で、もう危険水準を突破しているということです。

そして先ほど、GoToトラベルキャンペーン一時中止のニュースが出ました。NHKより。

12月14日 18時44分

「Go Toトラベル」をめぐって、菅総理大臣は、政府の対策本部で、今月28日から来年1月11日までの間、全国一斉に一時停止する考えを表明しました。

新型コロナウイルス対策をめぐり、政府の分科会が先週、感染状況が高止まりしている地域は「Go Toトラベル」の対象から除外することなどを提言したことを受けて、政府は14日夜、総理大臣官邸で、対策本部を開きました。
この中で、菅総理大臣は、現在の感染の状況について「全国の感染者数は高止まりの傾向が続き、さまざまな指標から見て、感染拡大地域が広がりつつある。とりわけ、医療機関をはじめとして、最前線で対処する方々の負担が増している」と述べました。
その上で、菅総理大臣は、「Go Toトラベル」をめぐって、札幌市と大阪市に加えて、東京都と名古屋市を目的地とする旅行を今月27日まで対象から外し、出発地とする旅行も利用を控えるよう呼びかける考えを示しました。
そして、菅総理大臣は、今月28日から来年1月11日までの間、全国一斉に一時停止する考えを表明しました。
菅総理大臣は飲食店などへの営業時間の短縮要請について「専門家から感染リスクの高い場面として飲食が指摘されており、さらに延長をお願いせざるを得ない状況だ」と指摘しました。

で、散々書いてきて何が言いたいかというと、年内はもう芝居断念を覚悟したということです。いくら劇場は安全と言われても、こんな状況になっては劇場どころか東京に行くのもためらわれます。

« すっぱり中止できないPARCO劇場の「チョコレートドーナツ」 | トップページ | シアター風姿花伝の換気説明動画 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« すっぱり中止できないPARCO劇場の「チョコレートドーナツ」 | トップページ | シアター風姿花伝の換気説明動画 »