2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« シアタークリエの抗菌作業 | トップページ | 感染経路が追えないからクラスターではないと東京都が堂々のギブアップ宣言 »

2020年12月14日 (月)

すっぱり中止できないPARCO劇場の「チョコレートドーナツ」

12月7日から12月30日までPARCO劇場で上演予定だった「チョコレートドーナツ」ですが、新型コロナウィルス直撃です。

公式サイトよりまずは12月4日分。初日3日前にして発熱から陽性者発覚です。

PARCO劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」につきまして、12月7日(月)の初日に向け、稽古中より感染対策を徹底し、11月27日(金)に実施したPCR検査では全員陰性を確認しておりましたが、12月4日(金)未明、出演者の一人が発熱し、PCR検査を行いましたところ、新型コロナウイルス陽性を確認いたしましたため、改めてキャスト・スタッフ全員のPCR検査を行ったところ、5日(土)夜、さらに2名の陽性者が確認されました。

つきましては、本公演の開幕を延期させていただきます。中止公演の日程につきましては改めまして発表させていただきます。
お客様にはご迷惑をお掛けいたしまして大変恐縮ではございますが、明日以降のご案内をお待ちくださいますよう、何卒お願い申し上げます。

12月6日分。ここで半分中止決定です。

PARCO劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」につきまして、12月7日(月)の開幕に向け、キャスト・スタッフ一同準備を進めて参りました。

稽古中より感染対策を徹底し、11月27日(金)に実施したPCR検査では全員陰性を確認しておりましたが、12月4日(金)未明、出演者の一人が発熱し、PCR検査を行いましたところ、新型コロナウイルス陽性を確認いたしましたため、改めてキャスト・スタッフ全員のPCR検査を行ったところ、5日(土)夜、さらに2名の陽性者が確認されました。

したがいまして、12月7日(月)の開幕は延期、12月7日(月)~16日(水)の公演は中止とさせていただきます。18日(金)以降の開催につきましては、改めまして発表させていただきます。

12月7日(月)~16日(水)のチケットをお持ちのお客様には払い戻しを承ります。詳細は改めてご案内させていただきますので、お手元のチケットは無くさずにお持ちくださいませ。
この度は舞台をお待ちのお客様にはご迷惑をお掛けいたしまして大変恐縮ではございますが、今後のご案内をお待ちくださいますよう、何卒お願い申し上げます。

そして本日12月14日分。中止日程を追加です。まだ決着が付きません。

PARCO劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」につきまして、12月4日(金)及び5日(土)に判明した公演関係者3名の新型コロナウィルス感染を受け、7日(月)~16日(水)までの公演を中止しておりましたが、この度18日(金)・19日(土)の3公演につきましても公演中止とすることを決定いたしました。

12月18日(金)~19日(土)のチケットをお持ちのお客様には払い戻しを承ります。詳細はこちらの記事をご覧くださいませ。

20日(日)以降の開催につきましては、改めまして発表させていただきます。

この度は舞台をお待ちのお客様にはご迷惑をお掛けいたしまして大変恐縮ではございますが、今後のご案内をお待ちくださいますよう、何卒お願い申し上げます。

最初が12月4日に発覚だから、そこから潜伏期間12日半で12月16日まで中止を決めたけど(12月17日はもともと休演日)、小屋入り後の場当たりが間に合っていないか、体調が万全でないか、どちらかと推測します。

これがPARCO劇場だけの公演だったらすっぱり中止する選択肢もあったかもしれませんが、年明けの1月に上田、仙台、大阪、名古屋とツアーが予定されています。うっかり休めません。関係者には胃が痛い日々がしばらく続きそうです。

<2020年12月26日(土)追記>

役者交代して12月20日より開幕していました。12月17日付「『チョコレートドーナツ』12月20日開幕のお知らせ」より。

PARCO劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」につきまして、12月4日(金)及び5日(土)に判明した公演関係者3名の新型コロナウイルス感染を受け、7日(月)~16日(水)までの公演を中止しておりましたが、渋谷区保健所の調査を受け、その他の公演関係者は濃厚接触者にあたらないとの判断をいただきました。
しかしながら、その後13日(日)さらに1名の関係者が発熱したため、18日(金)・19日(土)の公演について中止を発表させていただきました。この関係者につきましては15日(火)新型コロナウイルス陽性が確認されましたが、最後に稽古を行った12月3日(木)からは日数が経過しているため、渋谷区保健所より本公演との関連性は低いとのご判断を頂いております。

上演にあたり、この度改めて公演関係者の健康チェックと PCR検査を実施し、全員の陰性を確認いたしました。
つきましては、本公演を12月20日(日)に開幕いたしますことをお知らせいたします。

なお、新型コロナウイルスに感染し療養中である出演者、堀部圭亮さん、佐々木崇さんに代わり渡部又吁さん、馬場巧さんが出演致します。出演者変更による払い戻しはいたしません。

当社では、引き続き今後の感染状況、政府及び関係諸機関の動向注視しながら、保健所をはじめ関係各所と連携し、お客様の安心・安全、また、キャスト・スタッフの安心・安全を最優先に、感染拡大防止に努めてまいります。
引き続き変わらぬご支援を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

PARCO劇場

こうやって見ると、日本型の芝居興行ってリスク高いですね。これが東山紀之だったらさすがに代役は立てられなかったはずで、役者の人気と体力への依存度の高さでいったら歌手と変わらない。でもやっぱり観客は人に付くものですし。

« シアタークリエの抗菌作業 | トップページ | 感染経路が追えないからクラスターではないと東京都が堂々のギブアップ宣言 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シアタークリエの抗菌作業 | トップページ | 感染経路が追えないからクラスターではないと東京都が堂々のギブアップ宣言 »