2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

« 緊急事態舞台芸術ネットワークのプレスリリースは突っ込みどころが多すぎて出さないほうがよかったんじゃないか | トップページ | 踏んだり蹴ったりの「The Illusionist」公演 »

2021年1月20日 (水)

イベント中止に補填でむしろ揉めるんじゃないかと野次馬の血が騒いだので速報、と思ったら即訂正

頭を冷やしていたら麒麟が来ました。公式情報を探す時間がないので、飛ばし記事や観測記事の可能性もありますが、それなら後で訂正します。日経「イベント中止・延期に最大2500万円 緊急事態宣言地域」より。会員ではないので冒頭の無料部分だけ。後で更新されるかもしれないのでタイムスタンプも入れておきます。

2021年1月19日 20:38 (2021年1月20日 5:24更新) [有料会員限定]

政府は新型コロナウイルスの感染拡大でイベントの延期・中止をした事業主に最大2500万円を支援する。緊急事態宣言を発令した11都府県が対象。会場のキャンセルやチケットの払い戻しの費用を申請できる。感染拡大防止に協力する主催者を後押しする。

宣言の発令で中止・延期したコンサートや演劇、展示会、遊園地などに支給する。1公演あたり2500万円まで支給し、複数日にわたるイベントなら共通経費以外は追加で払う。

金額からもっと大きいイベントを想定した、もっと大きい芸能界が動いた感じです。金額の計算が「1公演」「複数日」の考え方がわかりませんが、1ステージでこれならチケット代ベースだと歌舞伎と宝塚以外は収まりますし、複数日まとめてでもたいていの小劇場芝居は収まります。ただしこれは逆に行動の自由は奪うものです。思いつくままに考えてこんな感じ。

・補填があるから公演は禁止される。発表の場がほしいと訴えてもゴネていると一蹴される。文化とか言っても駄目。アーティストの命を保護。どれだけ稽古がすすんでいようが中止。ハナから儲からないのはわかっている、それでも公演したいという経験の浅い若手ほどダメージが大きい。

・稽古場クラスター。今までならそれだけ広まっているという話も言えたけど、そもそも稽古で集まることが論外になる。

・イベントに稽古や勉強会が含まれるか。この機会に勉強をと思っていた役者は機会を奪われる。今度は講師の職に影響が出る。

・オンライン発表がどうなるか。集まらないための補填なので、無観客ですら禁止の可能性あり。勉強会をオンラインに切りかえて継続した場合でも補填対象なのか。だとしたら焼け太りと言われてもしょうがない。

・先行して積極的に公演を中止にした団体が対象に含まれるかどうか。含まれないと馬鹿を見る。

・むしろ補填されるからと積極的に公演が計画されるかもしれない。それは感染拡大防止の観点からは逆効果ではないか。

・いやー公演計画していたんですよーへへー、という詐欺をどう防ぐか。準備に何か月もかかるなら予約も何か月前かに入れているという前提にしないといけない。

・補填先がイベント主だとして、その先に適切に支払われるかわからない。劇場は借りるための契約書を書いているかもしれないけど、スタッフが微妙。ここら辺は補填先と金額を公表して業界の仁義で制裁するくらいしか思いつかないけど、微妙に値切られて抑え込まれるとか、直近の支払に追われて微々たる金額で手打ちを求められるとか、悪いパターンのほうがありそう。一番力があるのはボイコットだけど、公演中止だとそもそもボイコットする公演がない。

・これでおとなしく中止する派と、それでも公演したい派とで、分裂騒動が起きるかもしれない。結果、ますます世間の評判を落とす。

・地域をまたぐような微妙なところ、上演個所と、稽古場と、関係者の住居が、スタッフの本拠地が、宣言地域とそれ以外とにまたがっている場合、これも微妙になる。

正式発表を待ちましょう。ただ、ちょっと考えてこれくらい問題のある施策をよく出してきたなというのが第一印象です。小劇場の将来にはむしろ必殺の一撃のように思えます。

まで書いて一度載せたら、別の説明が載っていた。Yahoo!経由のTBS「緊急事態宣言で中止・延期のイベントのキャンセル費など最大2500万円支援」より。

 政府は、再び緊急事態宣言を出した地域などで中止や延期したイベントについて、会場のキャンセル費用など最大2500万円を支援すると発表しました。

 支援の対象となるのは、再び緊急事態宣言を出した11都府県やそれに準ずる地域のイベントなどの主催者や運営法人です。音楽や演劇、伝統芸能などの公演、また、展示会や遊園地について、中止もしくは延期した場合、会場のキャンセル費用やチケットの払い戻し手数料などの経費が、最大で2500万円支援されます。

 ただし、中止、延期になったイベントのPR動画を制作・配信し、それによりイベントの海外展開や訪日外国人の増加につながるものであることが条件となっています。申請に必要な書類や申請の開始時期などは、決まり次第、発表するということです。(20日00:09)

なんだ、それなら芝居は対象になるほうが珍しいじゃないか。はい解散。やっぱり一次情報を探してから書かないと駄目だこういうエントリーは。オリンピック関係のイベントの中止または延期への対応ですね想定は。

ただ最初の記事に反応して、イベントに補填する場合の問題点がびっくりするほど思いついたのは、我ながらびっくりした。

« 緊急事態舞台芸術ネットワークのプレスリリースは突っ込みどころが多すぎて出さないほうがよかったんじゃないか | トップページ | 踏んだり蹴ったりの「The Illusionist」公演 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急事態舞台芸術ネットワークのプレスリリースは突っ込みどころが多すぎて出さないほうがよかったんじゃないか | トップページ | 踏んだり蹴ったりの「The Illusionist」公演 »