2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 新型コロナウィルスのための緊急事態宣言2回目の内容を芝居関係のところだけ確認 | トップページ | 新型コロナウィルスで東宝も年明け幕開けのミュージカル中止 »

2021年1月10日 (日)

新型コロナウィルスで中途半端に電車が止まったら上演できるか頭の体操

そういえば年末にこんな話がありました。東洋経済「運転士38人が感染『大江戸線減便』が示す深刻度」より。

感染の拡大が止まらない中、東京都心の足にも影響が及んでいる。都営地下鉄大江戸線は運転士にコロナ感染が広がり、通常運行に必要な人員確保が難しくなったため、昨年12月27日から運行本数を通常の7割程度に削減。1月11日まで減便が続く予定だ。
(中略)
感染は、都営地下鉄大江戸線の「清澄乗務区」に所属する運転士の間で広がった。まず12月15日に1人の感染が判明。その後25日までに同乗務区に所属する運転士計15人の感染が確認された。

濃厚接触者を含め運転士21人が出勤できなくなり、東京都交通局は26日、同線の運行本数を翌27日から通常の7割程度に減らすと発表。併せて同乗務区全職員へのPCR検査(自主的スクリーニング検査)を25日から順次実施していることを明らかにした。感染者数は検査結果の判明により増え、1月3日までに計39人(うち運転士38人)の感染が確認された。

都交通局によると、大江戸線で営業列車を運転する運転士は清澄乗務区に167人、もう1つの乗務区である光が丘乗務区に80人が所属しており、今年1月1日時点で計247人。全運転士の約15%に感染が広がった計算だ。通常時は1日に約160人の運転士が出勤するといい、全運転士のうち約20人が出勤できなくなると「毎日160人勤務の体制を回すうえで影響が出る」として減便に踏み切った。

減便ダイヤは、新型インフルエンザに備えた事業継続計画が基になっているという。都交通局によると、「同計画に基づくダイヤを基本とし、修正して対応した」(広報担当者)という。

最初に見かけたときは、電車が止まったら台風のときと同じ対応だろうな、と考えていました。ただ、台風ではどの電車もおおよそ同じように止めます。振替か払戻しか、取れる選択肢は限られています。ここ数年で慣れてきていて、上演側も観客側も諦めがつきます。

これが減便でなく、一部の路線だけ運転手クラスターが発生して電車が止まった場合、どういう対応になるか。

首都圏の劇場はJRの駅のそばにあることが多いですが、JRの中でも山手線や中央線は減便してでも何でも最後まで動かすでしょう。では地下鉄や私鉄の一部だけが、運転手が足りなくて止まることはあるでしょうか。

思いつきやすいところで挙げると下北沢。小田急線か井の頭線の下北沢が最寄駅です。片方止まっても、なんとかもう一方を乗継いでくれというのが上演側の素朴なコメントでしょう。では両方止まったらどうなるか。あるいは観客が沿線に住んでいて、特に小田急は都内でもJRから離れると他はバス頼みという陸の孤島感漂うエリアがありますが、そこはどう判断するか。何とかバスで頑張ってもらうのか。観客側の都合だから事故で電車が止まった扱いと同じだと言えば言えます。

三軒茶屋も微妙ですね。渋谷から246号線沿いのバスがあったはずですが、時間帯によっては結構混むので観客側に注意が必要となります。小田急線の豪徳寺や京王線の下高井戸から世田谷線は遠回りすぎる。下北沢に出てスズナリの前の北沢タウンホールからバスを使うか、同じ道を2㎞弱歩くか。一度歩いておこうと思って果たせていないのでしんどさがわかりません。同じ距離でも道によって歩きやすさは変わります。それなら渋谷からのバスに賭けるほうがいい。でもバスだって運行本数が思いっきり減る可能性はあります。

東に目を向けて、地下鉄が止まったら歌舞伎座の最寄り駅もなくなりますけど、私は有楽町から歩くことが多いです。歌舞伎座ならタクシーを使うことに抵抗のない観客は多いでしょう。明治座は昔1回だけ行ったきりなので勘がないのですが、東京か浅草橋が使えればいい扱いになりそうです。隅田川を超えてたまに会場にもなる森下スタジオは今回の大江戸線沿いですが、新宿線も半蔵門線も止まっても両国を使えと言い張れそうです。

ちょっと離れると、神奈川芸術劇場はみなとみらい線が最寄駅ですけど、ここが止まったらJRは根岸線の関内から横浜スタジアムを横目に歩くことになる。あそこらへんは坂のないエリアなので距離だけの問題です。他にバスもあります。ただしどの場合でも横浜駅までたどり着けることが条件です。観客側は横浜駅までたどり着けないとどうにもなりません。

かれこれ考えると、JRが動いている限りは、親切なら払戻し対応、強引には払戻しなしで公演続行です。ただし新型コロナウィルスで普段から払戻し対応している公演が多いので、最寄駅の交通が止まった時の観客へのアナウンスだけ準備しておけば、大丈夫なように思えます。まさかのJR運転手クラスターが発生してJRが止まった時が大変ですが、観客側だけでなく上演側も劇場関係者も交通手段が足りなくなるので、台風対応と同様、中止と振替と払戻しの組合せでしょう。それよりなにより、台風や雪で1-2日止まるならまだしも、JRが運転手が足りなくて1週間単位で止まったら、首都圏は麻痺するので、公演どころではなくなるはずです。

何でこんなこと一生懸命考えているんでしょうね私は。「東京原子核クラブ」を観に行きたかったのをあきらめたから暇なんでしょう。観に行きたかったよチクショウ。

« 新型コロナウィルスのための緊急事態宣言2回目の内容を芝居関係のところだけ確認 | トップページ | 新型コロナウィルスで東宝も年明け幕開けのミュージカル中止 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウィルスのための緊急事態宣言2回目の内容を芝居関係のところだけ確認 | トップページ | 新型コロナウィルスで東宝も年明け幕開けのミュージカル中止 »