2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

« 新型コロナウィルス感染を公表するのかしないのか | トップページ | マンガの流行と芝居の上演頻度で社会の問題をどこまで追えるか »

2021年2月 4日 (木)

新型コロナウィルスに感染して村井國夫が降板

ミュージカル「WAITRESS」を降板です。事務所より

ミュージカル「ウエイトレス」に出演予定の弊社所属の村井國夫は、稽古開始前に受けましたPCR検査にて新型コロナウイルス陽性反応が出ておりました。発熱もあり入院をして経過をみながら舞台の稽古へ復帰の調整をしておりましたが、入院中の体力低下による稽古への影響を鑑みて、復帰を断念する事となりました。

この度は舞台降板となる旨をご報告させていただきます。
村井の出演を楽しみにお待ちいただいていたお客様、並びにご観劇予定の皆さまには残念なお知らせとなってしまい誠に申し訳ございません。
心よりお詫び申し上げます。

現在村井は退院致しまして、体力回復に専念しております。
下記、村井本人よりのコメントを掲載いたします。

今回、ミュージカル「ウエイトレス」を降板する事となりました。急なこととなり、お詫び申し上げます。

この作品、とても素敵な作品で、出演出来るのを楽しみにしておりました。キャラクターの一人一人が個性的で魅力的で、私の演じるはずの、ジョーも素敵なお役で楽しみにしておりました。

降板は断腸の思いでありますが、心臓に既往症もあり、また76という高齢でもありますので、ここは治療に専念する事といたしました。
入院中は病院の先生方、リハビリの先生、看護師の皆さんには、朝から深夜まで、懇切丁寧な看護を受けまして感謝しております。

作品を楽しみにしておられた皆様、また主催並びに関係者各位には多大なるご迷惑をおかけして申し訳ありません。
この作品の素晴らしさは変わりませんので、どうぞミュージカル「ウエイトレス」を今後も宜しくお願い致します。

2021年2月4日村井國夫

心筋梗塞で公演途中で降板したのが2019年12月です。今回は3月9日東京初日で1か月、その後に福岡、大阪、愛知とツアーを組んで2か月公演なので、普通の病み上がりでも厳しいところ、大事を取るのは致し方ない判断です。すでに退院しているのが何よりなので、復活が待たれます。

« 新型コロナウィルス感染を公表するのかしないのか | トップページ | マンガの流行と芝居の上演頻度で社会の問題をどこまで追えるか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウィルス感染を公表するのかしないのか | トップページ | マンガの流行と芝居の上演頻度で社会の問題をどこまで追えるか »