2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 台風ではないのに長引く大雨で交通影響が出る珍しいケース | トップページ | 7月は芝居を観ない宣言 »

2021年7月 7日 (水)

東京都に次の緊急事態宣言が来るかどうか(追記:来ました)

ほぼ確定みたいですけど。今の東京都の蔓延防止等重点措置(「まん延」ってひらがなを混ぜて書きたくないですね)は7月11日までなので、感染者数が一気に増えて前倒しとか言わない限り、宣言を出すとしたら7月12日からの公算が強いです。ちなみに大阪は蔓延防止等重点措置が延長の見込みだそうです。

ちなみに前回の宣言時にはこんな但し書きが付いていました。

 ただし、無観客化・延期等を実施すると多大な混乱が生じてしまう場合も想定されることから、このような事態と主催者が判断する場合には、例外的に、25日から直ちに無観客化・延期等を実施しないこととして差し支えないこともあること。ただし、この場合、催物の主催者は、該当の特定都道府県及び国の双方に相談の上、進めることとすること。

これをどこまで読んだかわかりませんが、前回は宝塚が1日余分に、東宝が3日余分に、他より遅れて中止しました。

個人的に、東京7週間公演の野田地図が逃げ切って大阪の2週間公演に滑り込めるか、注目しています。今のご時世、運も実力のうちなので。

<2021年7月9日(金)追記>

内閣官房が設けた新型コロナウィルス対策ページ内の、「令和3年7月8日【事務連絡】基本的対処方針に基づく催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について」が発表されました。内容はざっと読んだ限り、前回と同じです。末尾に別紙で表があるので、そちらを読むのがよさそうです。チケット販売の扱いは、必要な人が本文を読んでください。

第4号 劇場、観覧場、映画館、など

人数上限5000人かつ収容率50%以内の要請21時までの営業時間短縮要請
※1:上記に加え、入場整理等の働きかけを行うこと
※2:オンライン配信の場合は時間短縮の働きかけ不要
※3:イベント開催以外の場合は、1000平米超:20時までの営業時間短縮要請1000平米以下:20時までの営業時間短縮働きかけ
※4:映画館については、1000平米超:21時までの営業時間短縮要請1000平米以下:21時までの営業時間短縮働きかけ

東京は7月12日から8月22日までなので、野田地図が逃げ切りました。強運です。

それとは別に、飲食店相手の対策が要請を超えて命令になるかと思ったら、卸業者への取引停止要請と、金融機関への情報提供というすごい技を政府が繰りだしてきました。法律を整備しないで首を絞めに来たっぽい。いろいろ調べる必要がありそう。とりあえず産経と日経への記事を張っときます。

産経はこちら。

政府、酒類提供店との取引停止を要請 販売事業者に

西村康稔経済再生担当相は8日午前、新型コロナウイルスの基本的対処方針分科会で、酒類提供を続ける飲食店と取引を行わないよう酒類販売事業者に要請する意向を明らかにした。「酒類提供停止を徹底するため」と説明した。

また、飲食店への自粛要請の長期化を受け、休業要請などに応じた飲食店に支払う協力金を先渡しする仕組みも導入するとした。「支給の迅速化に向けて必要な取り組みを進めたい」と述べた。

日経はこちら。

休業要請拒否店、金融機関に情報提供 経財相

西村康稔経済財政・再生相は8日夜の記者会見で、休業要請に応じない飲食店の情報を金融機関に提供する考えを明らかにした。「金融機関からも順守の働き掛けをしてほしい」と述べた。関係省庁と調整中という。店舗への協力呼びかけの強化につなげる。

政府は緊急事態宣言を発令した地域で、酒類を提供する飲食店に休業を要請する。西村氏は酒類を販売する事業者にも要請に応じない飲食店と取引しないよう求めた。

いろいろ悪い想像をしてしまいましたけど、芝居ならまだしも、実社会について変なことを書いて真に受けられても困るのでうっかり書けない。

<2021年7月27日(火)追記>

そういえば野田地図が大阪で大千秋楽まで到達していました。改めて、運も実力のうち。

« 台風ではないのに長引く大雨で交通影響が出る珍しいケース | トップページ | 7月は芝居を観ない宣言 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風ではないのに長引く大雨で交通影響が出る珍しいケース | トップページ | 7月は芝居を観ない宣言 »