2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« さいたまゴールド・シアター解散決定 | トップページ | 今度は新型コロナウィルス陽性で降板になった田中れいながきっかけで芸能界は体力が資本だと思い知る »

2021年8月 3日 (火)

新型コロナウイルス感染症に係る文化芸術関係者向け職域接種の実施について

文化庁筆頭の企画が流れていたので紹介です。

本接種は、地方公共団体での接種に先駆けて緊急に接種を受けたい文化芸術関係者を対象としています。このため、文化芸術活動の内容及び緊急に接種が必要な理由を記載いただく項目を設けております(例:10月に公演があり、集団での稽古に参加するため、接種する必要がある)。

という条件付きですが、8月5日10時から予約開始だそうです。場所は国立新美術館。詳細はリンク先を。

<2021年8月30日(月)追記>

時事通信「文化芸術関係者への職域接種中断 モデルナ製の異物混入―文化庁など」より。

2021年08月26日11時55分

 米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンの一部に異物が混入していた問題で、文化庁は26日、フリーランスなど個人で活動する文化芸術関係者約8000人に対する職域接種を中断したことを明らかにした。使用予定のワクチンに厚生労働省が接種中止とした製造番号のものがあった。代替品が届き次第、再開する。

 職域接種は、コロナで打撃を受けた文化芸術活動の再開を支援しようと、文化庁や関係する独立行政法人が計画。東京都港区の国立新美術館で19日に1回目の接種が始まっていた。
 文部科学省などによると、各大学で実施している学生や教職員らを対象とした職域接種は、23日以降、43大学が開始を予定していたが、一部の大学が接種見合わせを発表した。

読売新聞「異物混入で中断の文化芸術関係者向け職域接種、30日に再開…代替ワクチン確保」より。

2021/08/27 20:47

 新型コロナウイルスの米モデルナ製ワクチンの一部に異物が混入していた問題で、文化庁は27日、一時中止した国立新美術館(東京都港区)でのフリーランスを含む文化芸術関係者向け職域接種を、30日に再開することを明らかにした。代替のワクチンが確保できたため。

 文化庁は26日、厚生労働省が同美術館で使う予定だったワクチンの使用見合わせを求めたため、接種を一時中止。27日は帝京科学大(東京都足立区)からワクチンと会場の提供を受け、同大千住キャンパスに会場を変更して接種を行った。

いろいろあったようですが、続行できているとのことです。会場変更注意。

« さいたまゴールド・シアター解散決定 | トップページ | 今度は新型コロナウィルス陽性で降板になった田中れいながきっかけで芸能界は体力が資本だと思い知る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さいたまゴールド・シアター解散決定 | トップページ | 今度は新型コロナウィルス陽性で降板になった田中れいながきっかけで芸能界は体力が資本だと思い知る »