2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 2021年11月12月のメモ | トップページ | Bunkamura・大人計画企画製作「パ・ラパパンパン」Bunkamuraシアターコクーン »

2021年11月 9日 (火)

いつか調べてみたい公立劇場が貸劇場演目の紹介に冷たい理由

タイトルの通りです。主催公演は丁寧な紹介ページがあっても、貸劇場公演は区別して公演予定のみ掲載しているところばかりです。fringeのTwitterで同じ疑問が呈されていました。

fringe@fringejp
公共ホールの公式サイトで、主催公演と貸館公演の情報掲載の差がありすぎるところが少なくない。非常に見つけにくいページや非掲載の場合もある。貸館も劇場法に定められた役割で、観客から見ればどちらも「そのホールでやっている公演」。出来る限りの情報を掲載するのが、公共ホールの務めだと思う。

劇場法は、公演の主催や学芸事業だけを定めているのではない。貸館も重要な役割であり、法の目的に合致するものだ。どうしてそんなに貸館を別扱いするのだろう。魅力ある貸館公演を揃えるには、公共ホール自身の努力も不可欠で、主催公演に匹敵する成果だと思うのに。逆に大々的に掲載したらいいのに。

自分が公演を調べるときに不便なので昔から気に入らなかったのですけど、あるとき何か理由があるはずだとひらめきました。思いついた仮説は2つあって、「民間業者の宣伝になってしまうと税金の投入とみなされてしまうから宣伝できない」か「うっかり変な団体に貸してしまった結果とんでもない事業の宣伝に手を貸した(しかも箔付けした)ことになってしまう可能性を封じるために一律自粛している」のどちらかではないかと推測しています。

前者だと法律の話、後者だと実例があったための自衛策、どちらも調べるとわかりそうなものなんですけど、最近調べごとをする気力に欠けているので追いついていません。匿名でいいから誰か中の人が書いていてくれないかなと他力本願です。

« 2021年11月12月のメモ | トップページ | Bunkamura・大人計画企画製作「パ・ラパパンパン」Bunkamuraシアターコクーン »

コメント

以前関東圏の公共ホール(貸館メイン・月1~2回主催事業を開催)に勤務していたものです。

貸館と主催で掲載情報が区別されている理由についてですが、「情報集約が大変」「貸館公演についての問い合わせに対応しきれない」の二点が大きいかと思います。

特にチケットの販売状況など、施設にお問い合わせがあった場合、主催者の窓口にたらい回しにしなければならず。
内容面というより業務量的な問題だと認識していました。(実際、貸館のイベント情報をもっと大きく掲載してほしい、という要望は利用者からも定期的に上がっていました)

都内の演劇公演がメインの劇場はまた事情が違うかと思いますが、ご参考まで。

> 元施設職員さん

情報ありがとうございます。問合せに対応しきれない、というのはもっともな理由です。

問合せがあったときに誰が(どの部署が)何と答えるべきか、私も仕事で悩んだことがあったのですが、失念していました。対応するのに適切な部署はあるとしても、その部署の仕事を無条件に増やしていいものでもなく、そもそも問合せが発生しないようにする工夫が必要なんですよね。

チケットの販売状況など、具体的な事例も挙げていただき、参考になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年11月12月のメモ | トップページ | Bunkamura・大人計画企画製作「パ・ラパパンパン」Bunkamuraシアターコクーン »