2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« チラシの絵を描いていた作者を発見 | トップページ | 世田谷パブリックシアター企画制作「愛するとき 死するとき」シアタートラム »

2021年11月15日 (月)

国立劇場も建替の時期

共同通信「国立劇場、文化観光の拠点に」より。

 日本芸術文化振興会(芸文振)と文化庁は、老朽化した国立劇場(東京都千代田区)の建て替えに伴い、劇場上部にホテルを整備する計画を進めている。周辺にある皇居・三の丸尚蔵館や東京国立近代美術館と連携し、文化観光の拠点としてにぎわい創出につなげる。

 民間事業者が一体的に整備し、劇場と上階部分の運営も担う。上階部分は「民間収益施設」と位置付け、ホテルのほかレストランやカフェも想定。オフィスエリアを設けることもできるが、観光拠点としての機能が期待されており、マンションは認めない。

 月内にも事業者への具体的な要求水準を公表し、来年4月ごろに公募を始める。

行った回数は少ないですが、客の歩けるエリアは、劇場としては国内有数の余裕を持たせた造りです。客席からの見やすさも上々でもったいないですが、1966年開館では耐震基準が古くて、耐震補強よりいっそ建替えにとなったのでしょう。都心のど真ん中にあのくらい低層の贅沢なスペースがあってもいいと思いますけど、贅沢すぎて許されだろうことも想像できます。

建替えた後になって「前のほうがよかった」と言われないように、よい劇場に生まれ変わってほしいです。

« チラシの絵を描いていた作者を発見 | トップページ | 世田谷パブリックシアター企画制作「愛するとき 死するとき」シアタートラム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チラシの絵を描いていた作者を発見 | トップページ | 世田谷パブリックシアター企画制作「愛するとき 死するとき」シアタートラム »