2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月27日 (日)

2022年3月4月のメモ

新型コロナウィルスの次は戦争かよ、とそちらに神経が引張られすぎないよう、普段のルーチンのメモは作らなくてはいけない。といいつつ、気分でない芝居を何本か削ってしまいました。

・加藤健一事務所「サンシャイン・ボーイズ」2022/03/03-03/13@下北沢本多劇場:加藤健一と佐藤B作の当を得た2人を主演に

・松竹製作「三月大歌舞伎」2022/03/03-03/28@歌舞伎座:第二部が仁左衛門の「河内山」に菊五郎の「芝浜革財布」だけど、第三部の「石川五右衛門」も幸四郎で観ておいたほうがいいのかも

・東京成人演劇部「命、ギガ長スW」2022/03/04-04/03@ザ・スズナリ:今回は松尾スズキが演出に専念してWキャスト、面白いので未見の方はぜひ

・unrato「薔薇と海賊」2022/03/04-03/13@シアターウエスト:三島由紀夫だそうです

・新国立劇場主催「椿姫」2022/03/10-03/21@新国立劇場オペラパレス:一度くらい実際に観てみたいオペラということでピックアップ

・小田尚稔の演劇「是でいいのだ」2022/03/11-03/13@三鷹SCOOL:ここ数年、この時期に繰返し上演している東日本大震災の日の小さな日常を描いた一本

・梅田芸術劇場主催「サロメ奇譚」2022/03/21-03/31@東京芸術劇場シアターイースト:よさそうな役者陣に意表をついた脚本演出の組合せで期待している

・青年団「S高原から」2022/04/01-04/24@こまばアゴラ劇場:役者陣の入替りに時の流れを感じつつ、これだけ丸ごと入替っても継続できる劇団体制に感心

・松竹製作「四月大歌舞伎」2022/04/02-04/27@歌舞伎座:第三部が仁左衛門玉三郎で「ぢいさんばあさん」だけど、第一部も猿之助で「天一坊大岡政談」を通しで上演なので、どちらも期待

・パルコ/キューブ企画製作「こどもの一生」2022/04/03-04/28@東京芸術劇場プレイハウス:観られるものなら観たいです

・新国立劇場主催「アンチポデス」2022/04/08-04/24@新国立劇場小劇場(2022/04/03-04/04プレビュー):理屈っぽそうな役者を集めて小川絵梨子演出だけど事前情報では内容が思い描けず、アメリカの青年団みたいなものかなと勝手に想像している

・新国立劇場主催「魔笛」2022/04/16-04/24@新国立劇場オペラパレス:以前の反省を経てあらためてオペラで観直したい

新型コロナウィルスの状況をにらみつつ、ここで何本かは観ておきたい。

2022年2月 7日 (月)

新国立劇場フルオーディションの合格者の顔ぶれ

新国立劇場が全出演者をオーディションから募集すると言っているフルオーディション。新国立劇場だから公平に実施されていると信じていますが、正直、観る側にはオーディションでも指名でもどちらでも構わなくて、最後に並んだ顔ぶれで期待度が決まる企画です。

そのフルオーディション、次の企画は「エンジェルス・イン・アメリカ」。まだ観たことがないので今回観られるといいなと考えていました。で、出演者が決まって発表になっていました。オーディションに1600人が応募してくるのも凄いけど、合格者の顔ぶれがこれだそうです。なんかもう、山賊の親分たちが満を持して襲い掛かってきた感がある。

観る側からしたら、おっいい感じの出演者、ってなもんですけど、応募した側は大変ですね。1600人を相手にするだけならまだしも、この顔ぶれを相手に出演を勝ちとるのはしんどいものがあります。これを相手に負けたって、しゃあない次だ次、くらいなもんです。そういうときにぴったりなのがロバート・デ・ニーロの卒業スピーチなので過去エントリー紹介です。と思って今見たら元のサイトが登録制になっていたので、別のリンクを張っておきます

それはそれとして「エンジェルス・イン・アメリカ」は観たいので、新型コロナウィルスが収まって無事に上演されてほしいです。

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »