2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2021年9月 2日 (木)

2021年9月10月のメモ

いつもだと入れるものを外したり、入れないものを残したり、かなり雑にまとめました。

・松竹制作「東海道四谷怪談」2021/09/02-09/27@歌舞伎座:第三部で仁左衛門玉三郎がこんな有名演目なのになあ

・神奈川芸術劇場企画製作「近松心中物語」2021/09/04-09/20@神奈川芸術劇場ホール:せっかくの大型企画がこの時期に

・劇団青年座「ズベズダ」2021/09/10-09/20@シアタートラム:何となくよさそうな野木萌葱の何となく史劇モノ

・劇団☆新感線「狐晴明九尾狩」2021/09/17-10/17@赤坂ACTシアター:吉岡里帆に舞台でも狐の格好をさせたかったんだろうなこのミーハースケベそれでこそ新感線、とタイトルと出演者だけ見て根拠なく断言します

・こまつ座「雨」2021/09/18-09/26@世田谷パブリックシアター、2021/10/02@関内ホール大ホール:脚本が面白いらしいけど

・パルコプロデュース「ジュリアス・シーザー」2021/10/10-10/31@PARCO劇場:オールメールは蜷川幸雄がよく使っていた企画ですけど今回はオールフィーメールで吉田羊を主演に森新太郎演出で

・unrato「楽屋」2021/10/16-10/24@赤坂RED/THEATER:余裕があれば観に行きたくなるような上演が多いですねこの団体は

・iaku「フタマツヅキ」2021/10/28-11/07@シアタートラム:すこしずつ上演劇場が広くなっています

・パルコプロデュース「ザ・ドクター」2021/10/30-10/31@さいたま芸術劇場大ホール、2021/11/04-11/28@PARCO劇場:あらすじを読んだだけで大竹しのぶ無双が観られると根拠なく断言します

他にシーエイティプロデュース企画製作「検察側の証人」2021/08/28-09/12@世田谷パブリックシアタ―、ホリプロ企画制作「ムサシ」2021/09/02-09/26@Bumkamuarシアターコクーンが繰越し。

本多劇場グループのホームページが整理されて見やすくなっていました。そして上演数はいつも通りですが、いつもだと見かける中堅グループをほとんど見かけませんでした。大手劇場よりこういう規模の劇場により影響は強めに表れています。

2021年6月28日 (月)

2021年7月8月のメモ

ざっくり、オリンピック期間ですね。感染力の強い新型コロナウィルスが広まってきているので、じっとしている時期が増える見込みです。

・世田谷パブリックシアター企画制作「森」2021/07/06-2021/07/24@世田谷パブリックシアター:ワジディ・ムワワドシリーズの三作目

・東京夜光「奇跡を待つ人々」2021/07/24-08/04@こまばアゴラ劇場:前回公演が評判よかった記憶があるのでピックアップ

・劇団普通「病室」2021/07/30-08/08@三鷹市芸術文化センター星のホール:今年のMITAKA "Next" Selectionの2本中1本目

・さいたまネクスト・シアター「雨花のけもの」2021/08/05-08/15@さいたま芸術劇場小ホール:これで解散公演は細川洋平脚本の岩松了演出

・ティーファクトリー「4」2021/08/18-08/24@あうるすぽっと:観れば面白そうだとは思う男5人芝居

・東京芸術劇場企画制作「カノン」2021/08/19-09/05@シアターイースト:中止かと思ったら延期で救済

・ホリプロ企画制作「ムサシ」2021/08/25-08/29@さいたま芸術劇場大ホール、2021/09/02-09/26@Bumkamuarシアターコクーン:2回観たけど今のうちにもう1回観ておくかどうか

・シーエイティプロデュース企画製作「検察側の証人」2021/08/28-09/12@世田谷パブリックシアタ―:小川絵梨子演出でアガサ・クリスティなんて面白いに決まっているしキャストも期待できる

新型コロナウィルスとにらめっこしつつ、にらめっこしすぎるとチケットが買えなくて苦労するのですけど。

2021年4月24日 (土)

2021年5月6月のメモ

東京都は明日から緊急事態宣言が出る、明日からどうしようと各劇場各団体が頭を悩ませている最中でしょうが、いろいろ決まる前に拾っておきます。ぱっと見、とりあえず今日は予定通り上演しているところばかりでした。

・演劇集団円「ピローマン」2021/05/02-05/09@俳優座劇場:寺十吾演出ということでピックアップ

・新国立劇場主催「東京ゴッドファーザーズ」2021/05/02-05/03プレビュー、2021/05/06-05/30@新国立劇場小劇場:アニメから舞台化だけど2.5次元ではなさそうな藤田俊太郎演出

・松竹/Bunkamura製作「夏祭浪花鑑」2021/05/06-05/30@Bunkamuraシアターコクーン:勘九郎、七之助でのコクーン歌舞伎

・公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団/ホリプロ制作「終わりよければすべてよし」2021/05/12-05/29@彩の国さいたま芸術劇場大ホール:中止がなければこれで全作品上演完了のはずだった

・オフィスコットーネプロデュース「母」2021/05/13-05/20@吉祥寺シアター:海外脚本だけど座組に惹かれたのでピックアップ

・新ロイヤル大衆舎/神奈川芸術劇場企画制作「王将」2021/05/15-06/06@神奈川芸術劇場アトリウム:長塚圭史の芸術監督就任でロビーに舞台をこしらえての上演

・パルコ企画製作「ピサロ」2021/05/15-06/06@PARCO劇場:公演途中で打切りになったオープニング演目の再演

・シアターキューブリック「幸せな孤独な薔薇」2021/05/20-05/26@浅草九劇:中止になっていた1本

・劇団青年座「アルビオン」2021/05/21-05/30@俳優座劇場:海外現代戯曲ものだけどタイトルとチラシでピックアップ

・smash!!「海を歩く 君をみる」2021/05/22-05/23@小劇場楽園:本当に上演できるのかよくわからない旗揚公演だけどチラシでピックアップ

・野田地図「フェイクスピア」2021/05/24-07/11@東京芸術劇場プレイハウス:高橋一生を主演に据えての新作

・イキウメ「外の道」2021/05/28-06/20@シアタートラム:イキウメっぽい雰囲気のある新作

・松竹製作「六月大歌舞伎 第二部 桜姫東文章 下の巻」2021/06/03-06/28@歌舞伎座:上の巻を観たので続きを観たい

・新国立劇場主催「キネマの天地」2021/06/05-06/06プレビュー、2021/06/10-06/27@新国立劇場小劇場:井上ひさしを小川絵梨子が演出できるか気になるけど何とでもしてくれる腕利きを出演者に揃えて

・Bunkamura企画製作「夜への長い旅路」2021/06/07-07/04@Bunkamuraシアターコクーン:海外演出家シリーズで大竹しのぶ主演の1本

・パルコ企画製作「首切り王子と愚かな女」2021/06/15-07/04@PARCO劇場:蓬莱竜太脚本演出のなんとなくライトノベルっぽい話

・世田谷パブリックシアター企画制作「狂言劇場 『武悪』『法螺侍』」2021/06/18-06/27@世田谷パブリックシアター:A/BプログラムのうちAプログラムなので日程注意、法螺侍やってくれるんだと思ったら万作は演出のみで出演は武悪に回っていた

どうせこれは絶対観に行かないのにな、と考えながらピックアップするのも、変な作業ですね。習慣のなせる業と呼ぶか、惰性と言うか、勘を鈍らせないためのトレーニングとみなすか、微妙です。

2021年3月 6日 (土)

2021年3月4月のメモ

全体に上演数が少なく、1年前からの影響が出ている印象です。

・劇団☆新感線「月影花之丞大逆転」2021/02/26-04/04@東京建物BrilliaHALL:前月繰越

・松竹製作「三月大歌舞伎」2021/03/04-03/29@歌舞伎座:第一部に勘九郎七之助で「猿若江戸の初櫓」、第二部に仁左衛門で「熊谷陣屋」、第三部に吉右衛門の「楼門五三桐」と玉三郎鴈治郎の「隅田川」とあるのでまとめてピックアップ

・シス・カンパニー企画製作「ほんとうのハウンド警部」2021/03/05-03/31@Bunkamuraシアターコクーン:小川絵梨子演出のトム・ストッパード脚本

・こまつ座「日本人のへそ」2021/03/06-03/28@紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA:井上芳雄小池栄子に栗山民也演出

・小田尚稔の演劇「是でいいのだ」2021/03/11-03/15@三鷹SCOOL:ここ数年恒例のこの時期の上演

・アマヤドリ「生きてる風」「ブタに真珠の首飾り」2021/03/18-03/28@シアター風姿花伝:ダリみたいなチラシ画像でピックアップ

・世田谷パブリックシアター企画制作「子午線の祀り」03/19-03/30@世田谷パブリックシアター:神奈川芸術劇場で2月上演開始からの繰越

・新国立劇場主催「斬られの仙太」2021/04/06-04/25@新国立劇場小劇場:フルで上演したら7時間のところがんばって4時間40分で上演という三好十郎脚本

・松竹製作「四月大歌舞伎」2021/04/03-04/28@歌舞伎座:第一部に白鸚幸四郎の「勧進帳」(ダブルキャストだと幸四郎松也)、第三部に仁左衛門玉三郎で「桜姫東文章 上の巻」があるのでまとめてピックアップ、桜姫東文章は下の巻とかやるんだろうか

・東京芸術劇場主催「パンドラの鐘」2021/04/14-05/04(04/13プレビュー)@シアターイースト:熊林弘高演出でどうなるか

ここらで一度観に行きたいけど、迷います。

2020年12月27日 (日)

2021年1月2月のメモ

数は少ないながらもぜひ観たい芝居があるのですが、あきらめムードです。

・パルコ企画制作「志の輔らくご」2021/01/05-01/31@PARCO劇場:「大河への道」を確定演目に、他も上演

・神奈川芸術劇場企画製作「セールスマンの死」2021/01/08-01/12@神奈川芸術劇場ホール:ヘビーで本格派の1本を再演

・ホリプロ企画制作「スルース」2021/01/08-01/24@新国立劇場小劇場:吉田鋼太郎が自分で演出する柿澤勇人との2人芝居

・テレビ朝日、産経新聞社、サンライズプロモーション東京製作「フェードル」2021/01/08-01-26@Bunkamuraシアターコクーン:ギリシャ悲劇を元にしたフランス芝居は義理の息子に恋する大竹しのぶの配役を栗山民也演出で

・アイオーン、ぴあ、オフィス・マキノ主催「東京原子核クラブ」2021/01/10-01/17:超大好きな1本をマキノノゾミ本人の演出で

・タカハ劇団「美談殺人」2021/01/13-01/17@駅前劇場:面白そうなあらすじに、脚本演出家本人を含めて目を引く4人の芝居

・青年団「眠れない夜なんてない」2021/01/15-02/01@吉祥寺シアター:これで志賀廣太郎をもう一度観たかったですね

・松竹製作「二月大歌舞伎」2021/02/02-02/27@歌舞伎座:三部制に戻って第二部が仁左衛門玉三郎に2人の神田祭あり、第三部が勘九郎七之助に勘九郎親子の連獅子あり

・パルコ企画制作「藪原検校」2021/02/10-03/07@PARCO劇場:杉原邦生演出に市川猿之助主演で脇も固めた、井上ひさしの初期作に挑戦

・さいたまゴールド・シアター「聖地2030」2021/02/11-02/21@さいたま芸術劇場小ホール:「さいたまゴールド・シアターは複数のグループに分かれて日替わりで出演予定です」って言われてもこの時期に大丈夫かよとこちらが心配になる

・世田谷パブリックシアター企画制作「子午線の祀り」2021/02/21-02/27@神奈川芸術劇場ホール、03/19-03/30@世田谷パブリックシアター:詩的な語りをもう一度聞きたい

・オルテ企画、アタリ・パフォーマンス「みんながらくた」2021/02/26-03/14:伊東四朗生誕?!80+3周年記念

・劇団☆新感線「月影花之丞大逆転」2021/02/26-04/04@東京建物BrilliaHALL:久しぶりのおポンチ芝居とは別に、ネタを頑張る木野花をそろそろ見逃さないようにしておかないといけない予感がある

これを書いている現状の感染者数を元に想像すると、政府は1月の早い段階で緊急事態宣言を出すんじゃないかと予想します。

2020年10月27日 (火)

2020年11月12月のメモ

気兼ねなく観に行けるものなら大豊作と言いたいところだった。

・松竹製作「義経千本桜」2020/11/01-11/26@歌舞伎座:第四部に中村獅童主演で「川連法眼館」の場、であっているのかな

・松竹製作「女の一生」2020/11/02-11/26@新橋演舞場:大竹しのぶ主演の豪華メンバーで観るならここだろうという一本だけど

・国立劇場主催「令和2年11月歌舞伎公演 午後の部」2020/11/02-11/25@国立劇場大劇場:仁左衛門の「彦山権現誓助剣」に踊りで「三社祭」も

・パルコ企画製作「迷子の時間 -語る室2020-」2020/11/07-11/29@PARCO劇場:カタルシツがPARCO劇場までたどり着いた

・ハイバイ「投げられやすい石」2020/11/18-11/24@東京芸術劇場シアターイースト:脚本演出家がモデルになっていない芝居の再演

・小田尚稔の演劇「罪と愛」2020/11/19-11/23@こまばアゴラ劇場:なんとなくしっくりくるこまばアゴラ劇場初登場は新作で挑戦

・M&Oplaysプロデュース「あんまと泥棒」2020/11/27-11/29@下北沢本多劇場:半世紀以上昔のラジオドラマ原作を倉持裕演出で南原清隆と近藤芳正の2人芝居

・世田谷パブリックシアター企画制作「現代能楽集Ⅹ『幸福論』」2020/11/29-12/20@シアタートラム:今回の現代能楽集シリーズは「道成寺」を瀬戸山美咲が「隅田川」を長田育恵が脚本化して瀬戸山美咲が両方演出

・パラドックス定数「プライベート・ジョーク」2020/12/04-12/13@東京芸術劇場シアターイースト:この新型コロナウィルス騒動に合せて選んできたのかもと想像される再演はパラドックス定数王道の男5人芝居

・風姿花伝プロデュース「ミセス・クライン」2020/12/04-12/20@シアター風姿花伝:癖のありそうな翻訳モノに負けない役者を揃えての女3人芝居を上村聡史演出で

・シス・カンパニー企画製作「23階の笑い」2020/12/05-12/27@世田谷パブリックシアター:ニール・サイモンを三谷幸喜が演出

・M&Oplaysプロデュース「そして春になった」2020/12/08-12/13@下北沢本多劇場:岩松了脚本演出で朗読劇になるかならないかまだわからない女2人芝居を、選ぶのに困るダブルキャストで

・メジャーリーグ企画製作「百物語」2020/12/28-12/29@紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA:白石加代子の百物語アンコール公演は夢枕獏「ちょうちんが割れた話」筒井康隆「如菩薩団」半村良「箪笥」和田誠「おさる日記」の4本立て

書きあがって文章をにらめっこしていたら観る芝居が浮かんできたけど、その通りに観られるかどうかは前売券を買えるかどうか次第。

2020年8月30日 (日)

2020年9月10月のメモ

だいぶ数が戻ってきました。と書いたら休漁期後の魚を想像してしまいまいした。大半は以前から企画されていたものですけど。

・松竹製作「鷺娘」2020/09/01-09/26@歌舞伎座:4部制の九月歌舞伎の第四部に玉三郎が一人で踊るので少しだけ観るのにちょうどいいかも

・シス・カンパニー企画製作「わたしの耳」2020/09/09-09/18@新国立劇場小劇場:ピーター・シェーファーの3人芝居連作前半でこれはマギー演出

・ケムリ研究室「ベイジルタウンの女神」2020/09/13-09/27@世田谷パブリックシアター:緒川たまき主催のユニット1本目でKERA脚本演出

・シス・カンパニー企画製作「あなたの目」2020/09/22-10/01@新国立劇場小劇場:ピーター・シェーファーの3人芝居連作後半でこれは寺十吾演出

・Q「バッコスの信女 - ホルスタインの雌」2020/09/24-09/27@神奈川芸術劇場大スタジオ:市原佐都子の岸田戯曲賞受賞作だけど初演があいちトリエンナーレ2019なので首都圏初上演、であっているかな

・五反田団「いきしたい」2020/09/25-10/05@こまばアゴラ劇場:「コロナに全く関係のない個人的な出来事」だそうです

・劇団青年座「ブルーストッキングの女たち」2020/09/26-10/04@東京芸術劇場シアターウエスト:宮本研のわりと上演される1本だから本当は観たいのだけど

・SerialNumber「All My Sons」2020/10/01-10/11@シアタートラム:アメリカを舞台にした重苦しい家族を描いたアーサー・ミラーのデビュー作

・新国立劇場主催「リチャード二世」2020/10/02-10/25@新国立劇場中劇場:新国立劇場のシェイクスピア王朝シリーズの完結編

・パルコプロデュース「獣道一直線!!!」 2020/10/06-11/01@PARCO劇場:ねずみの三銃士企画の4本目で、宮藤官九郎脚本と河原雅彦演出も継続

・青年団プロデュース「馬留徳三郎の一日」2020/10/07-10/11@座・高円寺1:4月に上演予定で中止になった演出だけ平田オリザで脚本は髙山さなえの1本

・東京芸術劇場企画制作「真夏の夜の夢」2020/10/15-11/01@東京芸術劇場プレイハウス:シェイクスピアを野田秀樹が潤色して海外の演出家日本の役者で演じるややこしい1本

・CHAiroiPLIN「三文オペラ」2020/10/17-10/25@三鷹市芸術文化センター星のホール:再演らしいですが初演の写真を観た瞬間に正解度高いと感じたのでピックアップ

・木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」2020/10/22-10/26@あうるすぽっと:以前当日券に挑戦して目の前で売切れた1本

・Bunkamura企画製作「フリムンシスターズ」2020/10/24-11/23@Bunkamuraシアターコクーン:松尾スズキの新作ミュージカルは長澤まさみと秋山菜津子と阿部サダヲを中心に

・新国立劇場演劇研修所「尺には尺を」2020/10/27-11/01@新国立劇場小劇場:まだ観たことがないシェイクスピアを「子供のためのシェイクスピア・シリーズ」の山崎清介演出で

とりあえず書いてみましたが、ちょっと感覚が変わってきたので別エントリーに書きます。

2020年6月28日 (日)

2020年7月8月のメモ

公演が始まったものを並べた、本当のメモという感じです。新型コロナウィルスがまだ油断できないご時世にわざわざ観に行くものかなあと悩むのと、4か月も芝居自身の話題がないと芝居を観に行く習慣が薄れてくるのとで、どうしたものだか。観に行くなら、少なくとも前売券を準備しての見物にはなります。当日券派を長年通してきましたけどさすがに無理です。

・PARCO Production「大地」2020/07/01-08/08@PARCO劇場:Social Distancing Versionと銘打ってそれもネタにすると宣言したオープニングシリーズでもある三谷幸喜の新作

・燐光群「天神さまのほそみち」2020/07/03-07/19@ザ・スズナリ:別役実を追悼する1本、換気と座席間隔確保もするそうです

・新国立劇場主催「願いがかなうぐつぐつカクテル」2020/07/09-07/26@新国立劇場小劇場:ミヒャエル・エンデ原作の大人も子どもも一緒に楽しめる演劇公演企画は、「チック」が良かった小山ゆうなが良さそうな役者と組んでの座組

・世田谷パブリックシアター企画制作「殺意」2020/07/11-07/26@シアタートラム:副題に「ストリップショウ」と付く三好十郎の一人芝居を、栗山民也演出で、鈴木杏が挑戦

・DULL-COLORED POP「アンチフィクション」2020/07/16-07/26@シアター風姿花伝:客席を減らした劇場で脚本演出出演すべてを谷賢一が行なう一人芝居、初日と千秋楽は有料配信もあり

・東京芸術劇場企画制作「赤鬼」2020/07/24-08/16@東京芸術劇場シアターイースト:タイバージョンを4チームに分けて1日1公演を5日間ずつ割当て、野田秀樹は演出に専念

・新国立劇場主催「イヌビト」2020/08/05-08/16@新国立劇場中劇場:長塚圭史、近藤良平、首藤康之、松たか子の4人がまたまた集まった大人も子どもも一緒に楽しめる演劇公演企画は、ダンサー10人も参加しての新作

他に野田秀樹の「赤鬼」が東京演劇道場メンバーで上演予定でしたが、東京芸術劇場のサイトに今のところ情報はなく、会場のシアターイーストは空白です。どうせ即日完売できるから発表してから中止にならないようにぎりぎりまで新型コロナウィルスの様子を見ているのか、予定していたメンバーが自粛期間に経済的に耐えられず離脱してしまい座組を見直しているのか、あれだけ叩かれた野田秀樹が上演が嫌になって公演中止にして芸術家として尊重される海外移住を計画しているのか、どれなんでしょう。

<2020年7月3日(金)追記>

公演が決まった「赤鬼」は私の好きなタイバージョンで、17人出るスタイルなので、発表が遅かったのはおそらくメンバーをギリギリまで絞っていたものと推測されます。なお4チームといってもABとCDに共通で出るメンバー(一部変則あり)がコロス、1チームしか出ないメンバーがメインの4人だろう、まで当てをつけて東京芸術劇場に載っている顔写真を見ると、メインの4人の配役は想像がつきます。この期間にどれか1本だけ観るなら「赤鬼」というくらい好きで、この機会にお腹一杯にするため去年なら4チーム全部観るのに挑戦したと思うのですが、本日の新型コロナウィルス感染者数が全国で207人、東京で124人とうなぎ上り。しかもシアターイーストで1日1公演だとチケットの数がものすごい少なくて、悩まざるを得ません。

2020年5月 1日 (金)

2020年5月6月のメモ

隔月で作っている観たい芝居のメモですが、今回は「ありません」。

だいたい中止または延期、5月下旬から6月にかけて一部は上演チャレンジ継続中です。ただ、仮に上演されても観に行けません。このままだと最後に観た芝居が「東京ノート」になって、なにやら暗示的です。

新型コロナウィルスの話は月単位ではなく年単位で考える話だとようやく最近気が付きましたが、それを書くと長いのでエントリーを改めます。

2020年2月23日 (日)

2020年3月4月のメモ

観たい芝居が多いところ、新型肺炎騒動でどこまで自粛したものか。

・東京芸術劇場企画制作「カノン」2020/03/02-03/15@東京芸術劇場シアターイースト:快快の野上絹代演出で野田秀樹のいまいち不遇な出来の初演だった(と記憶している)1本を新型コロナウィルス騒動で公演中止になりました

・松竹製作「新薄雪物語」2020/03/02-03/26@歌舞伎座:午前の部に通しで吉右衛門と仁左衛門が出るというので、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意新型コロナウィルス騒動で公演中止になりました

・国立劇場主催「義経千本桜」2020/03/03-03/26@国立劇場小劇場:二段目三段目四段目を菊之助が複数役を兼ねてABCの3本別ステージ扱いで上演まではわかるとして、小劇場を選ぶのは菊之助に近距離で観てもらいたい趣味が出てきたか、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意、その後公演中止になりました

・株式会社Pカンパニー主催「京河原町四条上ル近江屋二階」2020/03/04-03/08@東京芸術劇場シアターウエスト:福田善之脚本演出でピックアップ

・ゆうめい「俺」「弟兄」「あか」2020/03/04-03/16@こまばアゴラ劇場:ゆうめいの座標軸、と称して過去の3本を別ステージ扱いで上演、その後「あか」だけ上演中止が発表

・CHAiroiPLIN「桜の森の満開の下」2020/03/05-03/08@あうるすぽっと:ダンスカンパニーだと思っていたら芝居っぽいこともやるそうなのでピックアップ新型コロナウィルス騒動で公演中止になりました

・TRASHMASTERS「対岸の絢爛」2020/03/06-03/15@駅前劇場:社会派劇団

・鵺的「バロック」2020/03/07-03/15@ザ・スズナリ:もう1回くらい観られるとすっきりしそうなのだけど

・無名塾「ぺてん師タルチェフ」2020/03/08-03/15@サンシャイン劇場:モリエールの芝居だけど、それより仲代達矢を早く観ておかないといけない新型コロナウィルス騒動で公演中止になりました

・小田尚稔の演劇「是でいいのだ」2020/03/11-03/15@三鷹SCOOL:この時期に上演中だけど役者で印象ががらっと変わるので今回はどうか

・MONO「その鉄塔に男たちはいるという+」2020/03/13-03/22@吉祥寺シアター:避けてきたけど観るならここかなというそこはかとない予感でピックアップ、新型コロナウィルス騒動で劇場は3月17日まで閉鎖アナウンスしたものの公式サイトでは全日程公演交渉中とのこと、その後当初の日程で公演することが決まりました

・パルコ企画製作「ピサロ」2020/03/13-04/20@PARCO劇場:渡辺謙主催でPARCO劇場の演劇こけら落とし、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意、その後4月1日以降の公演が中止になりました

・玉田企画「今が、オールタイムベスト」2020/03/19-03/26@東京芸術劇場シアターイースト:あまり間を空けずに再演

・田上パル「Q学」2020/03/19-03/31@こまばアゴラ劇場:これもあまり間を空けずに再演で、全国ツアーの締めに東京公演、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意

・unrato「冬の時代」2020/03/20-03/29@東京芸術劇場シアターウエスト:木下順二の脚本が気になって、新型コロナウィルス騒動で繰上げ千秋楽になりました

・インプレッション/テレビ朝日製作「ART」2020/03/20-03/22@さいたま芸術劇場大ホール、2020/04/09-04/26@世田谷パブリックシアター:ヤスミナ・レザ脚本を小川絵梨子演出で遊びまくってくれそうなベテラン3人なら前売完売はわかるとして、貸館公演を含むはずのさいたま芸術劇場のカレンダーに載っていないのは何かの手違いか(その後で載っているのが確認できました)、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意東京公演全中止が発表されました

・ミクニヤナイハラプロジェクト「はじまって、それから、いつかおわる」2020/03/26-03/29@吉祥寺シアター:1回くらいは観てみたい新型コロナウィルス騒動で公演中止になりました

・ウーマンリブ「もうがまんできない」2020/04/02-05/03@下北沢本多劇場:久しぶりの宮藤官九郎脚本演出芝居、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意東京公演全中止が発表されました

・うさぎストライプ「いないかもしれない」2020/04/03-04/13@こまばアゴラ劇場:一度くらい観られるといい新型コロナウィルス騒動で公演中止になりました

・松竹製作「籠釣瓶花街酔醒」2020/04/03-04/27@新橋演舞場:午後の部に吉右衛門菊之助はいいとして、歌舞伎座でなく新橋演舞場なのは「義経千本桜」と同じ近距離で観てもらいたい趣味か、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意全公演中止が発表されました

・青年団プロデュース「馬留徳三郎の一日」2020/04/04-04/12@こまばアゴラ劇場:あまり他人の脚本を演出するイメージがない平田オリザが青年団リンクの髙山さなえの脚本を演出会場を間違えて座・高円寺でしたが新型コロナウィルス騒動で公演中止になりました

・シス・カンパニー企画製作「桜の園」2020/04/04-04/29@Bunkamuraシアターコクーン:KERAのチェーホフ四大悲劇企画最後は大竹しのぶや宮沢りえや他豪華キャストで、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意全公演中止が発表されました

・シアターキューブリック「幸せな孤独な薔薇」2020/04/09-04/15@浅草九劇:まさかこの人の脚本を再演する団体が現れるとは思わなかった新型コロナウィルス騒動で公演中止になりました、延期だそうです

・ニッポン放送企画制作「たけしの挑戦状ビヨンド」2020/04/09-04/19@紀伊国屋ホール:クソゲーとして名高いファミコンソフトの舞台化をヨーロッパ企画の上田誠脚本演出で全公演中止が発表されました

・新国立劇場主催「反応工程」2020/04/09-04/26@新国立劇場小劇場:宮本研の脚本を千葉哲也で、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意全公演中止が発表されました

・小田尚稔の演劇「凡人の言い訳」2020/04/10-04/15@新宿眼科画廊スペースO:こちらは旗揚作の一人芝居全公演中止が発表されました

・神奈川芸術劇場プロデュース「アーリントン」2020/04/11-05/03@神奈川芸術劇場大スタジオ:エンダ・ウォルシュはヤバイ作家というイメージを持っているんだが本当に副題どおりラブストーリーなのか、新型コロナウィルス騒動で一部休演なので注意全公演中止が発表されました

・ハイバイ「ヒッキー・カンクーントルネード」「ワレワレのモロモロ 東京編2」2020/04/16-05/06@すみだパークギャラリー「SASAYA」:初演で名高いけどまだ観たことのない1本をダブルキャストで、出演者の経験を編纂して作る企画は新作で、計3本を別ステージ扱いで上演公演延期

・iaku「あたしら葉桜」2020/04/17-04/26@三鷹市芸術文化センター星のホール:見逃しっぱなしのiaku新型コロナウィルス騒動で公演中止になりました

・ラッパ屋「コメンテーターズ」2020/04/22-04/29@紀伊國屋ホール:肩肘張らないコメディを期待全公演中止が発表されました

・こまつ座「雪やこんこん」2020/04/24-05/08@紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA:こまつ座の中で未見のためピックアップ全公演中止が発表されました

・ぱぷりか「柔らかく搖れる」2020/04/25-05/05@こまばアゴラ劇場:いろんな団体からの人の集め方に眼が行ってピックアップ全公演中止が発表されました

・五反田団「愛に関するいくつかの断片」2020/04/25-05/05@アトリエヘリコプター:2勤1休の変則日程なので注意全公演中止が発表されました、なお脚本演出家に微熱ありで大丈夫か

・文学座「熱海殺人事件」2020/04/28-05/10@文学座アトリエ:初演の脚本を使って稲葉賀恵の演出で全公演中止が発表されました

他に新国立劇場のギャラリー・プロジェクトで衣裳家編が2020/04/18(土)18:00から。中止が発表されました

<2020年2月28日(金)追記>

1本追加、新型コロナウィルス騒動で一部修正

<2020年3月1日(日)追記>

新型コロナウィルス騒動で一部修正

<2020年3月11日(水)追記>

1本追加、新型コロナウィルス騒動で一部修正

<2020年3月12日(木)追記>

コメント2本修正

<2020年3月20日(金)追記>

新型コロナウィルス騒動で一部修正

<2020年3月29日(日)追記>

新型コロナウィルス騒動で一部修正、会場の間違いも訂正

<2020年4月1日(水)追記>

新型コロナウィルス騒動で一部修正

<2020年4月7日(火)追記>

緊急事態宣言を受けて調べなおして、中止、延期、一部休演を修正

<2020年4月9日(水)追記>

新型コロナウィルス騒動で一部修正、4月に観たいと考えていた芝居は全滅しました

より以前の記事一覧