2017年12月14日 (木)

Bunkamura企画製作「欲望という名の電車」Bunkamuraシアターコクーン

<2017年12月9日(土)夜>

裕福だった実家が没落し、教師の職も失った姉が、静養を兼ねて妹夫婦の家を訪れる。初めて訪問した狭いアパートと、気性が荒く深夜まで仲間たちとつるむ妹の夫に面食らいながらも妹の世話で馴染んでくるが、生活を邪魔されて趣味も合わない妹の夫は事あるごとに衝突する。おとなしい独身者である妹の夫の仲間のひとりは姉に好意を寄せてデートするようになるが、ある日、妹の夫が勤め先の仲間から気になる噂を仕入れてくる。

松尾スズキ演出以来、2度目の観劇。すっかり忘れていたけど、改めて観るとやっぱり救いのない話という感想がぴったりくる芝居。大竹しのぶ演じる姉がかなり神経質な演技で通していて実に上手なんだけど、あれでは追出されても文句は言えないくらい高慢な姉になっていて、正直、感情移入ができなかった。そこを補ったのが妹を演じた鈴木杏で、姉を想い夫を愛し気を双方に使いながらもたくましく生きる面が演じられていた。

スタッフワークでは美術がよくて、アパートを中央に置いてあとは劇場の機構をむき出しにしていたけど、あれがアパートの立地を想像させて、建て込めばいいってものではないことを見せてくれた。

ただ、やっぱりそれでも救いのない話は救えなくて、レベル高く仕上がったのだけど観ていてつらい。脚本は脚本として、もう少し姉に同情心のある演出にはできなかったものか。

余談だけど、「足跡姫」「マリアの首」に今回と、鈴木杏が今年は絶好調かつどんどん上手くなっている。昔、同じ劇場でヘレン・ケラーを演じていて、大竹しのぶ演じるサリバン先生に巴投げを食らっていたのを観た身としては感慨深い。蜷川幸雄の薫陶が今になって花開いたか。来年の「ムサシ」も期待。

| | コメント (0)

城山羊の会「相談者たち」三鷹市芸術文化センター星のホール(若干ネタばれあり)

<2017年12月9日(土)昼>

娘一人がいる夫婦の自宅。夫が妻に別れ話を相談しているが、夫が不倫していることを知っている妻は離婚を拒否する。そこへ両親は離婚したほうがいいと考えている娘が会社の先輩を連れて帰ってくる。結婚を前提に付合っていると両親に紹介するが、夫は社会人一年目の娘が早々に結婚することに反対する。気まずい先輩が帰りそびれているところへ、さらに夫への来客者がやってくる。

初見の城山羊の会。離婚したい人と結婚したい人が入混じって、きっかけごとに主導権が入替わって立場が逆転しながらすすんでいく喜劇。似たような経験をした人が観たら身につまされるんだろうか。愁嘆場から修羅場までの見事な展開。小声で演じる芝居と事前にアナウンスがあったが、劇場の規模を考えても本当に小声で演じられて、でも十分聞き取れてしかもぐっと雰囲気が出る。人気劇団になるのもうなづける出来。

全体に夫を中心に描いていて、確信を持って妻を説得するところ、いろいろばれて気まずいところ、自分を棚に上げて娘の結婚に反対するところ、でもおっさんの本気のエロさがかもし出す色気のところ、のそれぞれを演じてぴたりとはまっていた吹越満のキャスティングが成功の第一。両親が席を外した隙にいちゃつこうとする娘と先輩の場面を見せておいて、でもキスだけで親父はもっとエロい、という構成を吹越満が大成功させていた。そのほか全体、役者も脚本も練られていた印象。スタッフワークではモダンな一軒家という印象を持たせつつ椅子やテーブルの配置で立ち位置のバリエーションを増やせる美術がよい感じ。

ひとつだけ気になったのは前説。小声で演じる芝居というアナウンスを含めて劇場の職員が前説をやっていたのだけど、この劇場で上演する場合にはいつも同じ人に小芝居をさせるのが城山羊の会のパターンらしい。適度に話が上手い上にどことなくいじりたくなる雰囲気を持った人なので、前説を依頼したっておかしくないのだけど、自分の勝手な妄想では何となく劇団から劇場関係者への接待のように見えてしまった。何でそんな印象を持ったのか思い返すに、開演前の客入れでこの職員が走り回っているのを見たときの雰囲気と前説での雰囲気とにギャップがあったからだった。ひょっとしたら過去に役者をしていたような頼みがいのある人かもしれないし、そもそも意味不明な妄想と言われてもしょうがないのだけど、個人的な印象としてメモ。

| | コメント (0)

2017年12月13日 (水)

新国立劇場制作「かがみのかなたはたなかのなかに」新国立劇場小劇場(ネタばれあり)

<2017年12月9日(土)朝>

海兵である「たなか」は、出発待機の間、海辺の部屋で暮らしている。この部屋で過ごしていると、やや不真面目な「かなた」が現れて、鏡合わせに暮らしだす。ある日、話し相手のほしくなった「たなか」がピザの配達員の「こいけ」を部屋に連れ込むと、鏡合わせの向こう側には「けいこ」が現れる。ごついのに自信満々であつかましい「こいけ」と、きれいなのに卑屈な「けいこ」を巡って、「たなか」と「かなた」が恋の鞘当を始める。

キャスティングはよくぞこの組合せが集まったという4人。子供向けの話で鏡合わせのダンスを見せて楽しませるこっけいな話、かと思いきや、「こいけ」を邪険にして「けいこ」の取合いから不穏な話に。「こいけ」のいなくなった「けいこ」が、紆余曲折を経た挙句身動きが取れなくなる展開は、いかに自己評価を高くするか、いかに無条件で自己肯定を強く持つか、という心理学の問題を絵本的な物語で描く。子供向けと銘打っているけど十分大人向け、むしろ大人メインでもいい芝居で、自己評価の低いところがある自分にとっては好みの分野。物語だけならごく単純な内容で上演も1時間半を切っているのに、観終わって十分だった感じるのは、こちらが気付いていない工夫や洗練を凝らしているからだと推測。

鏡合わせという設定の割りにそこまで細かくあわせようとしていない動きがやっぱり興味深い。首藤康之はやっぱり一番動きが大きくてきれい。じゃあ近藤良平が見劣りするかというと、説明が難しいけど動きに愛嬌というか色気みたいなものがあって、これはこれで別の魅力がある。でも何といってもきれいなのが松たか子で、単純に見目麗しいし、日舞で鍛えているのかそこまで激しい動きではないけどダンスも負けていないし、あと裾の長い衣装の捌き方が上手なのはさすが。ちなみに松たか子は微妙にお仕事だから頑張っています感の残った演技をするのだけど、それが困っている感じの役をやらせたときには妙なはまり方をして目を引かずにはいられない不思議な役者。長塚圭史は最初からきれいに見せない役どころだから動きは割愛するけど、でも台詞はさすが役者も長くやっているだけあって確かなもの。

再々演があったとして、このメンバーでもう一度かというとさすがに集まらなさそうなので、興味がある人は今回観ておいたほうが吉。日によっては朝公演があるので、そこから他の芝居の昼公演に流れると1日が有効活用できる。

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

ナイロン100℃「ちょっと、まってください」下北沢本多劇場

<2017年11月18日(土)昼>

謎の反対運動が繰広げられる町に住む、子供2人に元詐欺師の執事と女中がいる金持ちの家庭。間違い電話も日記に書こうとするくらい退屈すぎる日常だが、内実は借金で火の車なのを夫はしらず、妻と執事がやりくりしている。その家の庭に来たホームレスの家族は、妹が面識のないこの家の息子と結婚すると言っている。やがて家に侵入した妹はなぜか主人と結婚して妻が家を出て行き、ホームレスの家族も居つくことになるが、その父は庭でそれまでどおりの生活を続ける。

登場人物が突拍子もないことを言うと、他の登場人物が真に受けて劇中の設定が変わりどんどん進んでいく、粗筋が粗筋にならない芝居。不条理劇というものらしい。らしい、というのは、こんなに登場人物が真に受けて設定が変わっていく芝居のことをそう呼ぶのかどうかわからないから。「ゴドー待ちながら」も観たことがないくらい不案内。

先にメタなことを書いてしまえば、いろいろな物事がいつの間にか決まったり変更されたりして進んでしまい、しかも大勢の人間が納得してしまっているように見える今の日本の社会にたいして「ちょっと、まってください」「そのまま行くととんでもないことになりますよ」と言いたかったのだろうなと推測する。オープニングでマギー演じる詐欺師に「騙しているうちに嘘か本当か自分でも区別がつかなくなるので詐欺師はやめました」という台詞を言わせるのはずっと芝居を貫くトーンなのである意味親切な説明。芝居の最後に反対運動の一環で子供の声で、うろ覚えだけど「絶対賛成、絶対反対、あなたはどっち」みたいなコールを流したのは、何でも二分でしか判断しようとしない人たちへの皮肉。他にも劇中にそういうものが満載。こうやって書くと重苦しく見えるけど、それを筋には出さないであれだけ笑わせるのだからKERAはすごい。

ただ、全然不条理劇を観たことがない人からすると、とりあえずその環境は受入れるけど登場人物は釈然としないで振回されるのが不条理劇というイメージがある。その点、ベテラン劇団員は全体に流暢に演技しすぎて「釈然としない感じ」が足りなかったのではないか。もちろん上に書いたとおり、今の日本の状況を揶揄するなら流暢に転がしていくのは狙い通りだし、重いことを重いまま上演することを笑いの一人者であるKERAに期待はしないのだけど、それでももう少しナンセンス風味を控えた演技を探る余地があったと思う。

だから自分が今回印象に残ったのは執事役のマギー、ホームレス一家の妹の水野美紀、女中役の小園茉奈と、客演やあまりこれまで出ていない劇団員だった。マギーは最初から最後までずっと微妙な違和感を感じさせてさすが。水野美紀は兄と戯れる場面とか金持ちの夫に求婚されたと語りだす場面の、透明感というか現実感のなさというか、あの違う世界に入っている感じが好き。小園茉奈はごく素直な演技がこの芝居では生きた感じがするけど、今さら劇団員を育てるつもりがないであろうこの時期に劇団に執着するのはもったいないので、次の次公演は出演が決まっているみたいだけど、他にも出番を求めて成長してほしい。

| | コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

観客にどれだけ届いている実感がありますか

Twitter(これこれこれ)で気になる内容をみつけたので掲載(改行はこちらで追加)。

今の仕事(ライセンサー業務)をするようになってわかったこと
・広く一般の人は「絵がすごく上手い」と「まぁ上手い」の区別がつかない。
・広く一般の人は「絵を描くのは遊びの延長」だと思ってる。
・劇場に来ている半分くらいの人は「映画などのストーリーを半分くらいしか理解していない」

あと
・けっこうな人々は「比喩的表現が理解できない」「言葉で言ってくれないとわからない」
・「観る側に解釈を委ねられても解釈しないで、『なんかわかんね』→『つまんね』となる」
これな、たぶん送り手が思っている以上に多いニャ。

そういう人々を「お客様」とするか「お前なんか観なくていい人間」とするかは、どんな作品にしたいかによって変わりますけどネー。

これを読んで思ったのは、実際の創り手は、自分の表現したいことが観客にどれだけ届いているのだろうということ。やっぱり毎回、カーテンコールの拍手の音色を聞きながら身もだえしたりするんだろうか。あるいは、上手くいったと思ったときに限って批判が強くて失敗したと思ったときに褒められると忸怩たる思いを抱いたりするんだろうか。

今だってそこまで自信はないけど、自分が芝居を観始めたころを思い返すと、観ていた芝居の半分も理解できていたかな。適当に笑わせたりハラハラさせたりするのが上手な芝居はそれだけで楽しめるので評価を高くつけていた。

今にして思えば、展開の上手な芝居や、本当に表現したいことを的確に表現するために情報の出し方を工夫した芝居が面白かったのであって、ただしそういう芝居を創れる人ほど笑わせたりハラハラさせたりするのもやっぱり上手だったと言える。芸術には多かれ少なかれ観客に積極的な想像力を要求するところがあって、その想像力を引出すためには創り手にも手練手管が必要となる。

歌舞伎だと、どんなに客席が満員でも見巧者は一人か二人で、その人に観てもらう心持で演技するなんて話もどこかで読んだ覚えがあるから、昔からそう考える人はいたのだろう。

どれだけ届いている実感がありますか。あるいは、実感よりも自己採点の高さですか。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

庭劇団ペニノ「地獄谷温泉 無明ノ宿」神奈川芸術劇場大スタジオ

<2017年11月12日(日)昼>

北陸の奥地にある、一部の地元の人間しか来ない湯治宿。冬を間近に控えた季節に、余興を依頼されて東京から訪れた人形遣いの親子だが、その温泉宿はすでに持主が亡くなって所有者はいないという。帰りのバスもすでにないため、相部屋で一晩過ごしてから帰ることに決めた。その一晩の出来事。

これが最後の上演という岸田國士戯曲賞作の千秋楽は満員御礼状態。変態か絶望のどちらかを秘める登場人物たちが、一晩の交流のうちにそれをちらりと見せながら過ごす宿の出来事。ラストも一見平和に見えるけど、いろいろ考え合わせると平和には思えない。全体に粘度の高い芝居で、適度に不親切な脚本と併せて、過去に観た庭劇団ペニノもそんな感じたったよなと思い出す。

マメ山田ありきの脚本でマメ山田が人形遣いを演じたから成立した芝居かと思ったけど、よく考えたら他の役者でも成立するよくできた脚本。でもあの雰囲気はマメ山田ならでは。それも含めて不親切な脚本を不親切に役者は公演。あの狭いスペースに4分割で湯治宿を詰込んだ舞台美術と照明には拍手。

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

野田地図「表に出ろいっ!」東京芸術劇場シアターイースト

<2017年11月4日(土)夜>

能の家元の家で、飼犬が出産を控えたある日の晩。仕事仲間と協会の行事に出かけようとする家元と、3か月前から計画していた予定に出かけようとする妻と、友人との約束に出かけようとする娘。今晩限りは何としても出かけたい3人は、互いに相手に押付けあいながらなかなか表に出られない。

今は亡き勘三郎との共演で制作された芝居を、今度はイギリスの役者と英語上演。舞台美術や衣装をポップにし、役と役者の男女を入替えることで、エスカレートしていく展開がリアルにならないようにする配慮。

ふざけた展開をもっとふざけるうちに深刻な話になるところがミソだと思うけど、これだけのふざけた設定をもってしても、イギリスの役者は真面目さが伝わってくる。日本での英語上演なのでアドリブに限度があることもあるけど、ふざけられないお国柄なんだろうか。そこに限界があるのが残念。

あと、野田秀樹だけでなく大竹しのぶや阿部サダヲがイヤホンガイドを務めていたということだけど、よさがわからなかった。録音のせいか、単純に英語と日本語の台詞があっていなかったし、情報量もかなり落ちていた感触。もうちょっと何とかならなかったか。

| | コメント (0)

シス・カンパニー企画製作「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」世田谷パブリックシアター

<2017年11月4日(土)昼>

ある朝、使者に呼ばれて王宮に向かうローゼンクランツとギルデンスターン。呼ばれた理由もわからず、存在意義もわからず、あろうことか自分の名前がどちらかもわからない。錯乱したハムレットを監視する学友として呼ばれたが、ハムレットにいいようにあしらわれる。とにかくよくわからない2人の最後まで。

ハムレットに登場した脇役2人から観たハムレット芝居内の世界と、上演されているハムレット芝居の裏側とを重ね合わせたトム・ストッパードの翻訳芝居。たぶんハムレットの展開を客が全部把握している前提で、ハムレット芝居の進行と重ね合わせて観ないと面白さがわからない。そういうひねった現代翻訳劇はさすがに得意な小川絵梨子で、素舞台に近い美術で劇場機構を見せたり、舞台の準備をしてみせたりすることで開演前から芝居の裏側感を示した演出は、隅々まで把握して隙のなさが伝わってくる。いきなり始める演出は観てのお楽しみで、遊び心と格好よさが両立している。

ただそうは言っても、ハムレットがわからないとそのまま観ても3分の1くらいしか楽しめない。そこを工夫したのが主演の2人に人気者を配したことで、ほとんど出ずっぱりであの膨大な台詞をこなしたのはさすが。おかげで女性多めの客席は立見までぎっしり。

個人的には劇団の座長を演じた半海一晃の、いつもとは全然違ううさんくささが目を惹く仕上がり。そして過去公演で古田新太と生瀬勝久が演じていたのを知って観たかったとの思い。

| | コメント (0)

イキウメ「散歩する侵略者」シアタートラム(ネタばれあり)

<2017年11月3日(金)夜>

海の向こうと戦争が開始され、戦闘機の発信が頻繁に行われている、日本海に面するある町。海辺を歩いていた男が保護される。日常生活のことがわからなくなっており、病院で検査しても問題はなかったが、行方不明だった3日間の行動は不明。不仲で別居同然だった妻に引取られる。そのころから同じ町で、認識能力に問題がある患者が次々と発生する。

映画化と合せて四演目のイキウメの名作。前回と比べて格段に上手になっていて、しかも脚本が親切な方向に改定されていて、誰が観ても楽しめる一本。先に書いておくと連休初日だったせいか当日券は前方端席のみからトラムシートに立見目いっぱいまで売って満員御礼。自分は立見でしんどかったけど見切れは皆無の舞台美術。椅子席が取れるならもう一度観たい。ただし親切になりすぎて不満もあり、感想がややこしい。以下、観た人向けのネタばれ全開の感想。

今回の発見はやっぱり脚本。いろいろなエピソードがこんなに緊密に関係している脚本だとは思わなかった。これから侵略されようとしている話とすでに始まった戦争とを並べて、方や家族の概念を奪われた姉が攻撃的になって所有権に敏感になること、方や所有権の概念を奪われた男が戦争反対の運動を始めること。あるいは初期に家族の概念を奪った宇宙人が比較的温和なのに対してそうでない仲間が荒っぽくて乱暴なこととか、いろいろ対比している。

あと、いまどきの乱暴な議論の発露にも突っ込みがある。自他の区別の概念を奪われた医者がよくも悪くも反射的に相手に感情移入するとか、所有権の概念が戦争を引き起こしているんだと主張する男にその所有権の概念を正しく理解していないのに反対してどうするんですかと反論する後輩とか、そういう説明を昔に聞いて理解しておきたかったという場面がたくさんあった。平和なときに平和を訴えるたり戦争の時に戦争を訴えるのはダサくて戦争の時に戦争反対をとなえるのがいいんだという場面、恥ずかしがらずに主張してみろよというアジテーションと、何でも反対だけする人たちの胡散臭さを一刀両断する両方を同じ場面で描いた場面は秀逸だった。

そういうよくできたエピソードが、最終的には「愛について」に集約されるのたけど、昨今の北朝鮮のミサイル騒動と結び付けられて、ちょっと戦争反対色が強めになった。前回観たときは「一言でいえばLove&Peace」なんて書いたけど、今回の改定がむしろ「Love&Peace」で、前回はもっと全編愛についての話だった。それがあの「何か奇跡が起きてる気がする舞台」の奇跡の正体だったと観ている途中で気が付いたけど、今回の脚本改定で直接解説する台詞が後半に多く出てきてしまった。親切と言えば親切なのだけど、観ていて気が付いたことを解説されるのは興ざめで、今回が初見だったらそんなことは感じなかったはずだけど、個人的には残念。

前回欠点と思っていた衣装替えは、背広と制服の多い芝居だったけど、今回は私服は適宜行なわれていていい感じ。テーマ音楽は古い音源だったけど、あれは多分そういうものだ。

最後に役者の話だけど、劇団員もいいけどゲストもよくて、カタルシツからこちらにも参加した板垣雄亮の警察官役がよい味。判断に困るのが主人公と言っていい妻役の内田慈。ひとり目立つ演技をしていてなぜ目立つのか理由を考えたのだけど、たぶん、他の役者が役の確立を目指して演技していたのに、内田慈だけ役の変遷に重きを置いて演技していたから。場面ごとに立場が明確な役が多いこの脚本の中では数少ない、感情が揺れる役だったからというのもあるのだろうけど、その演技プランに乗りすぎたのか、もっとストレートな声が出る役者なのに声が浮いて聴こえた場面あり。それとも感情の揺れにあまり馴染みがない脚本演出が、新しいアプローチを仕掛けた役者に負けたのか。調べたら内田慈は役は不明ながら再演にすでに参加していたのでイキウメ初参加というわけではない。それなら、本人を調整するか、それに乗って周囲を調整するか、脚本演出で対応してほしかったところ。保護された夫役の浜田信也の「宇宙人だけど記憶は持っている真治(役名)で、今の(親切そうな)真治はこれまでの記憶で可能性としてありえた真治」の変化がもっと前面に出たら内田慈の演技とかみ合ったのにと残念。

でももう一度観たいのは変わらない。このまま海外に持って行きたい現代日本小劇場の名作。

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

KAAT×PARCOプロデュース「オーランドー」神奈川芸術劇場ホール(若干ネタばれあり)

<2017年10月8日(日)昼>

16世紀に絶世の美少年として生まれ、詩人を目指すオーランド―。女王に見出されて宮廷に仕えることとなってから、17世紀を生き、18世紀にはなぜか美女となり、その後の時代も生き続ける彼のち彼女の話。

ヴァージニア・ウルフ原作小説の舞台化の翻訳。場面転換の多さや一人複数役をこなさないといけないところを、小劇場色の濃いキャスティングの妙と、生演奏と映像と衣装をスマートに振ったスタッワークとで、結果かなりモダンな芝居に仕上がった。自分はとても好み。

男が突然女になる点については、男だけで女も演じる劇団や、女だけで男を演じる劇団や、水やお湯をかぶると男女が入れ替わる漫画が存在する国の民としてはそんなに違和感はない。調べたら女性作家であるヴァージニア・ウルフが、そのころ付きあっていた女性詩人との関係をもとに書いたらしい。そういう背景なら男が女になる展開は理解できるけど、芝居の大きな嘘がもう一つ。16世紀からなぜかずっと生きるのは、筋を追うだけでは説明がなくて意味がわからない。そういう意味のわからないところがいかにも白井晃の企画だと思える。

そこはきっと舞台化するときに整理されていて、観た印象は「その時代でもっとも美しいとされていた存在」と「その時代で力を持ちもっとも美しいものを求めていた存在」との関係の変遷を描いて、その変遷の軌跡の上に現代ではその年齢の女性が一番美しくまた力を持っていて、そういう孤独な存在であるがゆえに他人を求めるという現代人への解釈兼賛歌に仕上がっていた。芝居中では21世紀が最後で、そこで詩人は読者を求めるという台詞と、タブレット端末を抱える詩人の現代女性という演出でとてもに今っぽく、格好良く、何というか、力強さを感じさせた。

これを成功させたのは一にも二にもキャスティング。オーランドーの多部未華子が、美少年も美女もやっぱり美しくて似合っていた。それを翻弄するロシア皇女の小芝風花が、回る装置の上で踊る場面を見ながら運動神経いいなと思ったらスケート経験者だった。見目麗しさを楽しむならなんといっても前半。それよりも脇がさすがで、宣伝では小日向文世の女王役が推されているけど、他の3人(戸次重幸  池田鉄洋  野間口徹)も含めて小劇場出身者が生きていた。芸達者というだけでなく、リアリティの処理が上手いと言えばいいのか。うっかりすると疑問を持ったり白けたりする場面だらけ、しかも詩的な台詞も多い脚本を、時に真面目に、時に笑わせながら成立させていた。女性陣の美しさに目を奪われがちなところ、男性陣の能力を見落してはいけない。ちなみに翻訳劇なのに小劇場っぽい台詞が多数。翻訳なのか現場で演出しながら直したのか、どっちなんだろう。

多部未華子の発声が喉声だったのだけが残念で、あの台詞群をしっかりした発声で言い回せていたらどれだけ説得力が増して芝居のレベルが上がったか。少年の場面はよくても大人の女性の場面がつらい。せっかくの大器なので、いまからでも発声を習ってほしい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧