2018年6月26日 (火)

2018年7月8月のメモ

DULL-COLORED POPと阿佐ヶ谷スパイダースは劇団再始動。パラドックス定数は劇場提携1年7本公演のうちの2本を連続上演で、ハイバイは2本並行上演で片方は演出家も出演。忙しい人たちが大勢いる。

・ナイロン100℃「睾丸」2018/07/06-07/29@東京芸術劇場シアターウエスト:客演陣の期待感がたまらない新作はいつもよりだいぶ狭い会場で

・マームとジプシー「BOAT」2018/07/16-07/26@東京芸術劇場プレイハウス:これは以前観た他の作家とのコラボレーションのようなスタイルではなく、自分で書く新作

・ホリプロ企画制作「レインマン」2018/07/20-08/04@新国立劇場中劇場:橋爪功と椎名桔平版を観たときには楽しんだ記憶がある

・DULL-COLORED POP「1961年:夜に昇る太陽」2018/07/21-08/05@こまばアゴラ劇場:福島3部作の第1部先行上演とのこと

・本多劇場プロデュース「志の輔らくご in 下北沢 牡丹灯籠」2018/07/31-08/12@下北沢本多劇場:すでに観たのでたぶん行かないけどメモ

・阿佐ヶ谷スパイダース「MAKOTO」2018/08/09-08/20@吉祥寺シアター、2018/09/07-09/09@神奈川芸術劇場大スタジオ:大勢劇団員を増やして再スタートだけど長塚圭史の確信犯的三振狙いの気配があるので迷う

・松竹製作「盟三五大切」2018/08/09-08/27@歌舞伎座:三部制の第三部に通しでやるのでスケジュールが合えば

・キョードー東京企画招聘「コーラスライン」2018/08/15-08/26@東急シアターオーブ、2018/08/29@神奈川県民ホール大ホール、2018/09/05-09/09@東京国際フォーラムホールC:一度くらいみてもいい気になった

・パラドックス定数「5seconds」2018/08/18-08/21@シアター風姿花伝:2人芝居連続上演の前半は日航機三五〇便が羽田沖に墜落した話だそうです

・ホエイ「スマートコミュニティアンドメンタルヘルスケア」2018/08/18-08/27@こまばアゴラ劇場:粗筋は非常に嫌な話の気配がする再演モノ

・ハイバイ「て」2018/08/18-09/02@東京芸術劇場シアターイースト:並行上演の先行は自分でもすでに2回(1回目2回目)観て鉄板の名作で、今回の母親役は浅野和之

・パラドックス定数「Nf3Nf6」2018/08/23-08/26@シアター風姿花伝:2人芝居連続上演の後半は収容所でチェスをする看守と囚人の話だそうです

・ハイバイ「夫婦」2018/08/23-09/02@東京芸術劇場シアターウェスト:並行上演のもう1本は亡くなった憎い父親を巡る再演のこちらも名作

・シス・カンパニー企画製作「出口なし」2018/08/25-09/24@新国立劇場小劇場:サルトル3人芝居大竹しのぶと多部未華子と段田安則で上演、10月から新国立劇場の芸術監督に就任する小川絵梨子なのにシス・カンパニー製作で演出ってのもまあ以前から決まっていた話なんだろうけど妙な感じ

Bunkamuraはメンテナンスで3ヶ月休館で、PARCO劇場も建設中で、渋谷方面の劇場は休みが多いです。

<2018年7月19日(木)追記>

2本追加。

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

芸術は労力よりも結果がすべてである

前のエントリーに続いてこれも紹介されていたので拝見。劇場合同のイベントで審査員を依頼されたら出演団体の作演家からケチを付けられて心が折れたという話(今のところ12の2本)。書かれた内容だけで判断すれば、審査公表ルール変更の周知不徹底のため関係者全員の誰も得しない結果になるという不幸な出来事です。

先に書いておくと前述の心が折れたエントリーより先に公式Facebookでは

やはり、TGRは”お客様の目線で”一番面白い作品を決める祭典であることに立ち返り、専門家でも演劇関係者でもない方が単純に楽しめる作品が大賞に選ばれるべきではないかと考えます。

として審査方針を明確にし、次回の審査員(の一部)を公募することになりました(もう募集は終わり)。なので次回からはもう少し関係者が幸せになれるはずです。ちなみに公開された講評は6人分で、審査員の全員分ではありませんが、すでに掲載されています(123456)。

なので今さら書くこともない、と思いつつ絡むのが野次馬。絡むのは心が折れたと書いた岩﨑真紀の文章中で紹介されていた作演家の言葉です。

結果を目指してとてつもない労力を注いだ作品をあんな稚拙な講評でまとめられては全く報われない。

心が折れた仕返しに悪意を持って要約していないか、と疑うほどひどい言葉です。これが本当に書かれていたとしたら、その作演家に3つ訊いてみたい。

・そもそも誰に向けて上演しているのか。審査員のいるイベントの一環だとしても、観客に向けて上演するものではないのか。それとも観客席に審査員しかいないほど集客力に難があったのか。

・結果と労力は無関係である。世の中のモノやサービスを提供するためにどれだけの労力が費やされているのか想像したことがないのか。それらモノやサービスを普段あなたが選ぶにあたってどれだけ費やされた労力のことを考えて選択結果に反映させているのか。いわんや芸術の分野に於いておや。自分は一観客として、製作者の労力なんて気にしない。世の中たいていのものはそれなりに労力が掛かっているのでそれは判断材料にならない。観た内容で面白いかつまらないか、払ったチケット代に見合っていたかの結果を判断する。

・稚拙な講評というけど、どれだけ立派な文章を期待していたのか。そもそもこの2017年は1ヶ月で参加作品34本、しかも公演期間は短く週末に偏って、全部観られるタイムスケジュールになっているのかも悩むボリューム。仕事があれば1ヶ月に10本観るだけでもへとへとになるのに、そこに懇切丁寧なコメントを期待するならよほど出来がよくないといけない(ついでに書くと一般公募の審査員は20本ほど観ることを期待されているが、これもハードワークで、自分が1ヶ月で20本観たら若い頃ならいざしらず今なら文字通りゲロを吐く)。自分もつたない感想文を書いている身として、公開されている講評6人分どれをとっても、あれだけ書いてあれば十分だと思う。

それで以下の話が出てくることになる。演劇専門で長く批評を書いてきた人ではないかもしれないけど、あれだけの文章が書ける人に

改めて考えてみれば、観客が書く演劇作品の感想など、演劇人にとってはそもそもが余計なお世話に過ぎないのだ。作品について語ることは、演劇人とは関わりのない観客の側の遊び。多くの声に翻弄される中で忘れていたそのことを、私は某劇団のマネジメントに携わる方からの指摘でつい先日、思い出したところだ。

と言わせてしまうことのもったいなさ。それがたとえ正しいとしても、その業界その地域のもったいなさ。

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

広田淳一の「全員で動く」資料

紹介されていたので見つけました。書いた本人Dropboxで公開中です。いまだにアマヤドリは観たことがないのですけど、これだけ読むとやっぱり演出家はいろいろなことを考えてしかも言語化、体系化することに長けているのだなと思いました。「前掲の資料はどうぞご自由にご利用ください。複製・印刷などしてもらっても構いません。あ、でも、この資料で勝手に商売しちゃダメヨ! ということで。」だそうです。

以下はスライドのタイトルを引用してみました。資料はもっと丁寧に書いてあって面白いのでぜひ実物をご一読を。

概要 俳優たちが影響を与え合いながら動く
基本の3動作 歩く/止まる/走る
流行を作る1 コンタクト 音を出す
流行を作る2 順番 役割 割る トーク
流行を作る3 アクション
「面」を作る
「面」から「点」へ
「面」を曲げる
「集」と「散」
「列」
「離れたまま同期する」
増減
意味/物語の発生と切断
テーマ/プラットフォーム
応用編 他のゲームとの組合せ
道具を使った「全員で動く」
「全員で動く」への心がけ
ゲームの上級者

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

演劇の契約について

蓬莱竜太がオーディションについてツイートしていました。

オーディション終了。勝手に台詞を創作する若者が多い。自分の間を埋めるために、自分の感覚によせるために。相手はやりにくそう。与えられた台詞だけで成立するように書いてる。無くされるより足されるのが嫌だ。いらないから書いてない。まずは与えられたもので成立させるのが演劇の契約だと思うよ。

言われてみればその通りだし、実際どんな感じだったのか気になるけど、何よりも「演劇の契約」って言葉がいいですよね。さすが脚本家。

誰か「演劇の契約」で1本書いてくれないかな。業界あるあるみたいになったりして。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

劇場とか劇団とか

劇場がブランド化している」と以前書いたエントリーを見つけたので、自分の場合はどうなのか調べてみた。期間:2012年から2017年の6年間、これは元エントリーが2010年に書かれていて、2011年はいろいろあったのでその翌年からとする。対象はその間に観た185件。これを劇場別で数えて、2桁(10回)以上のものを並べたら以下のような結果になった。

・東京芸術劇場 29回(プレイハウス4回、シアターウエスト6回、シアターイースト19回)
・世田谷パブリックシアター 22回(世田谷パブリックシアター8回、シアタートラム13回)
・Bunkamuraシアターコクーン 19回
・PARCO劇場 14回
・こまばアゴラ劇場 13回
・下北沢本多劇場 13回
・新国立劇場 10回(小劇場6回、中劇場4回)
・神奈川芸術劇場 10回(ホール2回、大スタジオ8回)

185件中130件が以下の8劇場に集中して、自分の好みが偏っていることがはっきりわかる結果が出た。このうちPARCO劇場は建物ごと建替中なので、そうでなければもっと伸びていたはず。

ちなみに、何を持って同一劇場とするのかは難しい。運営母体中心で考えると、国立劇場を新国立劇場と同じと見なせば1回追加、東急シアターオーブをBunkamuraと同じと見なせば1回追加、下北沢本多劇場はザ・スズナリと駅前劇場がそれぞれ2回ずつ追加になるし、ランク外ですが吉祥寺シアターと三鷹星のホールが同一だと5回と3回で計8回、紀伊国屋ホールと紀伊国屋サザンシアターが2回と4回で計6回となって、ますます寡占傾向が強まる。今回は同じ建物の劇場を同一と見なして上の結果でよしとした。世田谷パブリックシアターとシアタートラムは、一括計画で建設されたものだから同じとみなす。

これだけ見れば自分にとって面白い劇場のことはわかる。ただ、これで劇場がブランド化していると言えるかというと、ちょっと微妙になる。

たとえば実力ある演出家に人気の役者を集める辣腕のシス・カンパニーが、シアターコクーンで5回、新国立劇場で3回、世田谷パブリックシアターで3回入っている。やれば客が入る企画を立てるから少しでも大きい劇場でという制作と、自主制作で年中埋める余裕がないので貸劇場公演を混ぜて稼働率を上げたい公立劇場側の事情とが一致してそういうことになる。もっとすごいのになると神奈川芸術劇場が一番大きいホールを劇団四季に5ヶ月貸している。建設計画時の青写真でどれだけ盛ったのか気になる始末。

PARCO劇場は単体共催両方あっても全部パルコが絡んでいた。自分の記録が雑なのだけど、シアターコクーンはシス・カンパニー上演時も共催の体を取っていたかもしれない。むしろ一部民間劇場のほうが制作体制が整っていて、新国立劇場は頑張っているほう、とも言える。

貸劇場については、本多劇場のことを「ナイロン100℃と大人計画と阿佐ヶ谷スパイダースだけ順番に上演するのが役目のように思える」なんてけなしたけど、今は阿佐ヶ谷スパイダースの代わりにM&Oplaysが入って事情はあまり変わらない。ただ、公立劇場で200席規模のところ、上演側が一番やりやすくて劇場側が儲からないため民間劇場の手薄なところは、ほとんど貸劇場化している。具体的には東京芸術劇場のシアターイーストとシアターウエスト、世田谷パブリックシアターのシアタートラム、神奈川芸術劇場の大スタジオ、吉祥寺シアターなど。民間劇場が減ったのもあるけど、ここから大きい劇場に行かない団体が多い。

以前だと大きくなる劇団は本多劇場か紀伊国屋ホールか紀伊国屋サザンシアターか青山円形劇場かスペースゼロを経由して、サンシャイン劇場かシアターアプルかさらに頑張って青山劇場に行って、そこからたまにシアターコクーンやPARCO劇場に呼ばれていた。これがスペースゼロが振るわなくなって、青山円形劇場と青山劇場が閉鎖されて、シアターアプルが無くなって、サンシャイン劇場は東宝があまり冒険せずキャラメルボックス以外は新感線のチャンピオン祭りすら見かけなくなった。赤坂ACTシアターはできたけどあそこもTBSのプロデュース劇場で、新国立劇場の小劇場と中劇場も劇団がおいそれと借りられる劇場ではないから、結果、劇団が成長するための出口がなくなってしまった。

こういうことを書くと劇場すごろくとかケチがつくのだけど、大勢集められる劇団が小さい劇場で上演するのと、小さい劇場で細々と上演するのとでは全然違う。1公演で全国回って3万人以上を集められてこそ一般にもようやく知られるようになるのであって、そのためには600人以上入る東京の劇場で1ヶ月回せないといけない。なのに上演側でそのキャリアパスを描けない。ひたすら貸し館で上演するキャリアパスが無効になるとは書いたけど、淘汰の圧力が強くなるとも予想したけど、それを跳ねかえして自力で大人気劇団になって人気者が生まれるパスがつぶれるところまでは考えが回らなかった。集客力があって劇団に一番近い形はTEAM NACSだと思うけど、あれも半分プロデュース公演化しているみたいだし。

これほんと、今後はどうするんでしょうね。劇団がないとプロデュース公演への人材供給パスもつぶれると思うけど、そこは個人単位で実力者がオーディションを勝ち残っていくようになるのか、新劇の養成所や劇場の研修所が脚光を浴びるのか。新国立劇場は新芸術監督の企画で全員オーディションとかこつこつプロジェクトとか、いろいろやるみたいだけどちょっとまだ見えない。日本はアメリカみたいに世界から人が集まってくる国ではないから、どこかに人材育成の仕組がないと死ぬはずだけど。

劇団のブランド化の話からだいぶそれて長くなったので本日はこれまで。

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

小劇場のポスターを見てもまったく訳分からん人の意見

Twitterでこんな意見を見かけました。メインの人の前半部分を引用しておきます。

あまり小劇場を見ない友人から「小劇団見てって誘われても、ポスターのあらすじも作者のおもんないポエムみたいなん多いしポスターも抽象的で、全く訳分からんのに短くない時間も安くないお金もはたいて気軽に見に行けん、皆なんであんな分かりづらくするん?決まり?」って言われてぐぬぬってなった

合わせて「そらポスター見てもSNS見ても中身まったく訳分からんから(わざと隠してるんか知らんけど)、そんなん名前が売れててすでに固定客ついてる有名劇団か売れっ子タレント使ってる所以外の作品には、そらキャスト繋がりの身内しか来やんやろ」って言い放っててぐうの音も出ねぇぜって…

友人は商業メインだけど演劇好きで「単純に今時ようわからん作品のポエムとかポスターだけ見て行こってなる程金と時間持て余してる奴少ないし何が目玉も伝え切れんと"頑張るので来てください!"って。誰がそんなお情けで金払えるかよ」って言っててお前は前世で演劇人に村でも焼かれたんかって思った

そうなんですよっ!生で見る舞台やからこそ極力ネタバレしたくない制作陣側も分かるし、情報が全くない中でチケットを買おうか不安になる消費者側の気持ちも分かるし…友人は演劇自体は好きで色んな所に足を運ぶ人なんでその人からの言葉は説得力ありました…

詳しくは聞いてませんが「出演者も"おもろいです"とか"頑張ります"じゃなくていっぱしに表現者名乗るんやったらもっと書き方個性出したらええのにね」とか「パッと見て何の情報も伝わって来ないポスターってポスターの意味成してなくない?見る人がおってこそのデザインやろ」とは言うてた気が…

どこかで読んだことがあるような気がしたら自分でも似たようなことを書いていました。やっぱりそうだよなあと観客の立場でうなずきながら読みました。一点だけ反論するとしたら、ネタばれしたくないのではなくて、脚本が完成していないどころか粗筋があればいいほうだからチラシ作成の段階でアピールすべき内容がわからないケースはかなりの数に上るのではないかと推測します。

初期の五反田団みたいに確信的に貧相なチラシを入れていたところは別として、チラシが駄目でも内容がよかったという公演はあるんだろうか。そもそもそういう公演に足を運ばないのでわからないけど、ないんじゃないか。

最後に繰返しの繰返しになるけど、脚本家、演出家、役者に勝る観劇判断材料はない。

| | コメント (0)

2018年4月26日 (木)

黒柳徹子の海外コメディーシリーズ最終回

この記事を読み始めて、さすがの黒柳徹子も諦めたのかと思った。日刊スポーツより。

 黒柳徹子(84)が1989年から続ける「海外コメディ・シリーズ」が、今秋の主演舞台「ライオンのあとで」(9月29日~10月15日=東京・EXシアター六本木、10月中旬=大阪・森ノ宮ピロティホール)でファイナルとなることが21日、分かった。黒柳が女優として続けてきた唯一の公演で、30年で32作品を上演して、歴史に幕を閉じる。

 黒柳は同シリーズをライフワークにしていた。89年に東京の銀座セゾン劇場(00年からル・テアトル銀座と改称)でスタートし、14年からはEXシアター六本木で上演してきた。「世の中はつらいことも多いけれど、お芝居を見た時だけは笑って、『面白かった』と楽しんでもらいたかった。お客様もたくさん入って、よく笑ってくださった。感謝の気持ちでいっぱいです」。

ところが最後がこれですよ。

 昨年は8月末に大腿(だいたい)骨を骨折しながら、9月末からの舞台を車いすで演じきった。日本に海外の喜劇作品を根付かせたシリーズはファイナルとなるが、黒柳に舞台をやめる気持ちはない。「舞台のお話があって、やってみたいものであれば」。生涯女優の心意気は健在だ。

引退する気なんてこれっぽっちもない。それでこそ黒柳徹子。そのくらいの意気込みであってこそ、この年齢になっても第一線で活躍できるんでしょう。演出のクレジットに高橋昌也を入れ続けるのもなんだから、シリーズとしては一度閉じましょうかってくらいなもんですよね。

すでに来年の劇場ブッキングまで済んでいるに100ペリカ。

| | コメント (0)

2018年4月25日 (水)

岸田國士戯曲賞の選評が面白い

岸田國士戯曲賞の選評がまとまって公開されているとは実は知らなかった。とりあえず今年の分を読んでみたけど、面白い。あまり飛びぬけた候補作がなかったようだけど、だからこそなのか、選考委員の言葉が鋭い。

いくつか引用してみると、これは岩松了。

登場人物の言葉を「信じて、信じて」と言われてるような窮屈さを感じ続けた候補作の果てに読んだこの作品は、言葉など「信じなくていい」と言われているような安堵感を感じさせてくれた。実際そうなのだ、言葉など信じなくていい。信じたくなった時に信じるだけのこと。そのことがわかっているから人物の体の状態にドラマを見ようとする。石王の満洲からの引き揚げの話は語るべくして語られているから、つまり体がそれを要求しているから、信じたくなる言葉として機能するのであって、しかもそれは人が語る言葉は全て嘘、という前提を覆すことはない。嘘を信じる、という演劇の可能性に関わる問題だ。そこに挑戦するからこそ、構造に神経を使う。劇作家のやるべきことだ。

KERA。選考会は体調不良で欠席したらしい。

「面白けりゃいいのか」と言う人もいるけれど、面白くなきゃダメだ。

野田秀樹。

そういった「身の丈」から逃れられないのが、作家というものであり、作家はなにも「身の丈」にあったものだけを書けばいいというものではないが、常日頃、自分の「身の丈」を知るべきである。つまり、自分が書くことのできるもの、書いていいものを「自問自答」し続けるべきである。

平田オリザ。

岸田賞を受賞することによって得られる最大の果報は、もう岸田賞について考えずに済むことだ。

第43回から選評があるので、いずれ読まないと。

| | コメント (0)

演劇は恐ろしい

どこまでいっても個人の感想なのだけど。

観た芝居についていろいろ考えた末に「これは描かれるべき何かを隠している」という結論になった先日の芝居。単にお話を書いてそれを上演しただけなのに、そんな印象まで伝わってしまうという生舞台の不思議。

あるいは主役の仕上がりが追いつかなかったと書いた先月の芝居。今さらもっと細かく感想を書くと、引出がまったく足りなくて逆さに振ってもこの役者はこれ以上何も出せないんだろうなというのが伝わる生舞台の不思議。ただこの場合は、空っぽになるまで出し切った役者の思い切りと、そこまで出させた演出家の手腕は凄かったともいえる。

伝えたくないことまで伝わってしまって、でもそのくらい出し切れないと客席まで届かない世界。演劇ってのは恐ろしい表現形態だ。

だからこそ、「演劇は、素晴らしいです」という台詞が成立つのだな。

| | コメント (0)

2018年5月6月のメモ

あーみんなこの時期に集めてきたか、という大量の芝居。こんなにあったら観たいものも観られない。

・松竹/Bunkamura製作「切られの与三」2018/05/09-05/31@Bunkamuraシアターコクーン:今回は七之助が男役で主役を演じるコクーン歌舞伎

・さいたまゴールド・シアター「ワレワレのモロモロ」2018/05/10-05/20@さいたま芸術劇場NINAGAWA STUDIO:ハイバイで上演された、役者に持寄ってもらったエピソードを岩井秀人がまとめるスタイルを、人生経験が倍以上長いゴールドシアターのメンバーで試す

・こまばアゴラ劇場主催「こまばアゴラ演出家コンクール」2018/05/11-05/13@こまばアゴラ劇場:いろいろ企画を考える平田オリザによる演出家の能力を見るコンクール、一次審査金曜日、二次審査日曜日の変則スケジュールで、かつ一次審査は4時間強を見込むので時間注意

・PARCO企画製作「ハングマン」2018/05/12-05/13@さいたま芸術劇場大ホール、05/16-05/27@世田谷パブリックシアター:マーティン・マクドナーをえげつない演出で上演する長塚圭史が、先日自分でも翻訳演出を担当した小川絵梨子を翻訳に迎えて、最新作に挑戦

・イキウメ「図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの」2018/05/15-06/03@東京芸術劇場シアターイースト:久しぶりの新作短編集、「関数ドミノ」で抜群の安定感を見せた千葉雅子がゲストなのも嬉しいポイント

・iaku「iaku演劇作品集」2018/05/16-05/28@こまばアゴラ劇場:面白かった「粛々と運針」に加えて「人の気も知らないで」「『あたしら葉桜』+『葉桜』」「梨の礫の梨」の一挙4本を短い期間に上演するので日程注意

・新国立劇場主催「ヘンリー五世」2018/05/17-06/03@新国立劇場中劇場:「ヘンリー六世」「ヘンリー四世」と来てようやくここまで到着

・M&O playsプロデュース「市ヶ尾の坂」2018/05/17-06/03@下北沢本多劇場:竹中直人の会で上演された芝居を改めて岩松了の手で再演

・赤坂ACTシアタープロデュース「志の輔らくご」2018/05/24-05/27@赤坂ACTシアター:忠臣蔵と中村仲蔵を組合せた定番落語

・FUKAIPRODUCE羽衣「春母夏母秋母冬母」2018/05/24-05/28@吉祥寺シアター:クロムモリブデンの森下亮を招いての2人芝居

・田上パル「Q学」2018/05/25-06/03@アトリエ春風舎:「走れメロス」を高校の演劇の授業で演じることになる話、チラシで面白そうな印象を受けてピックアップだけど場所が遠い

・五反田団「うん、さようなら」2018/05/26-06/04@アトリエヘリコプター:休演日が変則的だけど上演日は昼夜2回公演するアグレッシブな日程

・スタジオライフ「アンナ・カレーニナ」2018/05/26-06/10@あうるすぽっと:一度くらい観たい劇団と一度くらい観たい有名な話の組合せ

・劇団フルタ丸「寂しい時だけでいいから」2018/05/30-06/03:サイトの写真とあらすじを見てピックアップ、1度も観たことがないのに選んだというプロデューサーの言葉もいい感じ

・MTP企画製作「百物語 牡丹灯籠」2018/06/04-06/05@紀伊国屋ホール:白石加代子の百物語アンコールだけど前売はすでに完売

・日本のラジオ「ツヤマジケン」2018/06/05-06/10@こまばアゴラ劇場:前回が気になった日本のラジオ、タイトルからしてきつい内容が予想される今回は実際に起きた猟奇事件を女子高生の話に読替えた再演

・こまつ座「父と暮せば」2018/06/05-06/17@俳優座劇場:まだ観られていない、定番に定着した2人芝居を、山崎一と伊勢佳世にキャスティングを一新して上演、演出は鵜山仁

・Bunkamura企画製作「ニンゲン御破算」2018/06/07-07/01@Bunkamuraシアターコクーン:勘三郎の初演は微妙な仕上がりだった記憶があるけど、今回は如何に

・青年団「日本文学盛衰史」2018/06/07-07/09@吉祥寺シアター:2年ぶりの新作は珍しく音響スタッフも迎えて高橋源一郎の小説の舞台化、試験的にか11時15時の日が混ざっているので開演時刻注意

・シス・カンパニー企画製作「お蘭、登場」2018/06/16-07/16@シアタートラム:江戸川乱歩を元に北村想が脚本担当だけど「お勢登場」というわけでもないらしい、小泉今日子に高橋克実と堤真一を合せてシス・カンパニーらしいキャスティングに演出は寺十吾

・世田谷パブリックシアター企画制作「能『鷹姫』・狂言『楢山節考』」2018/06/22-07/01@世田谷パブリックシアター:まだ気力があるうちに一度楢山節考を観たいけど、他のプログラムも組合せた変則日程なので注意

・さいたまネクスト・シアターO「ジハード」2018/06/23-07/01@さいたま芸術劇場NINAGAWA STUDIO:ISISに行ってしまった友人を描くベルギーの芝居に、闘う演出家の瀬戸山美咲を迎えて

・ウォーキング・スタッフ プロデュース「D51-651」2018/06/23-07/01@シアター711:こちらは脚本だけ野木萌葱が書いた新作で下山事件を扱う

・パラドックス定数「ブロウクン・コンソート」2018/06/26-07/01@シアター風姿花伝:劇場提携1年7本公演のうち、絶好調だった1本目に続いての2本目は脚本提供の新作と並行して上演

・二兎社「ザ・空気 ver.2」2018/06/23-07/16@東京芸術劇場シアターイースト:前回はテレビ局で、今回は国会記者会館が舞台とのことだけど、永井愛の政治モノに何か苦手意識がある

他に月刊「根本宗子」「紛れもなく、私が真ん中の日」2018/04/30-05/13@浅草九劇が持越し。

<2018年4月28日(土)追記>

持越し1本削除。

<2018年5月7日(月)追記>

2本追加。

<2018年6月27日(水)追記>

パラドックス定数のタイトルが間違っていたので訂正。ずっと意味不明だったけどコンクリートではそりゃ意味不明なわけだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧