2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2022年5月23日 (月)

伝わることに関する具体的な例

謎に包まれたものを喜ぶ人が少なくなってきてる」ってエントリーを引用したばかりですが、そうしたらちょうどこんなTwitterを見かけました。

ビニールタッキー@vinyl_tackey

金ローで『ローマの休日』を初めて見た妻の発言集「セリフが超少ないのに全部伝わる」「今のドラマとかアニメの1話分ぐらいしかセリフがないのに」「信じられないほどの美女と美男だった」「ギャグとかいっぱいあるのに粋」「久しぶりに「これが映画だ」と思う映画を見た」

午後10:12・2022年5月16日

メッセージのないエンターテインメントだって極めればここまで行けるわけですよ。エンターテインメントだからこそ手練手管を駆使して「セリフが超少ないのに全部伝わる」とか実現してほしいのですよ。メッセージを持たせたいからといって全部台詞で言わずに伝える努力をお願いしたいのですよ。

みたいなことを思いました。数ある映画の中でも今もって鑑賞に堪える傑作中の傑作だからと言われればそれまでですし、メッセージのない粗筋の簡単なエンターテインメントと言われればその通りなんですけど。

ちなみに似た映画枠では「アパートの鍵貸します」も推したいです。

2022年5月12日 (木)

子役にはなかなかハードな「SPY×FAMILY」のオーディション

「SPY×FAMILY」面白いですよね。みんな考えることは同じなので東宝でミュージカル化されることになりました。個人的には「SPY×FAMILY」は文楽でいろいろ無茶やったら面白いだろうなと漫画を読みながら考えていましたが、さすがに舞台化が先でした。

で、アーニャ役をオーディション募集していました。なかなかハードなので記録しておきます。

応募条件

●次の稽古および公演に参加可能なこと
<稽古> 2023年1月中旬~2月下旬
<公演> 2023年3月(帝国劇場)
2023年4月~2023年5月(地方公演)
※公演日程詳細は、公式ホームページをご覧ください
●年齢は問わないが、身長が70cm~100cm程度(身長制限についてはあくまで目安です。応募前後での成長も加味しますので、現時点での身長が10cm程度前後しても問題ございません) で、演技、歌唱、ダンスが得意であること

応募方法

①プロフィールの提出
・プロフィール(氏名・年齢・身長・体重・経歴/芸歴・音域)
・バストアップ写真+全身写真各1枚
を、併せて全体でA4用紙2枚以内にまとめたデータをご用意いただき、下記アドレスまでメールで送信して下さい。

プロフィール送付先メールアドレスXX@gmail.com

②自己紹介動画の撮影・アップロード
自己紹介動画(30秒~1分以内)をYouTubeにアップロードして下さい。

*お顔がよく見えるアングル・明度で撮影をお願いします。
*歌の場合はマイクとの距離をできれば1m以上とってください。
*公開範囲は、必ず「公開」または「限定公開」の設定にしてください。
*なりすましや映像・音声の加工は固くお断りいたします。

③エントリー
応募者の基本情報と、②でご用意いただいたYouTubeのリンクを下記URLよりご入力ください。

*複数人まとめてご応募される場合には1回で10名までまとめてご入力いただけます。
*動画が正常に再生できるか必ずご確認の上、入力してください。

応募者基本情報エントリーフォーム

応募締切
2022年6月17日(金)23:59〆切

合否の結果は、書類審査を通過された方にのみ、2022年6月27日(月)までに連絡致します。
書類を通過されますと、2022年8月6日(土)、7日(日)、都内にて実施予定の実技審査に進んでいただきます。
実技審査に通られた方は、9~10月に、ワークショップ形式のレッスンにご参加頂き、11月の最終オーディションに進んでいただきます。
ご応募に際してご承知おきください。

*9~10月のレッスンにつきましては、実技試験を通られた方にのみ、詳細をご連絡差し上げます。

書類選考の段階ですでに動画が入るのが今どきだなと思います。ただ書類の送付先がGmailなのと、動画のアップロード先がYouTubeなのが、さらに今どきだと思います。割りきれば募集側の受付体制は無料で作れますねここら辺。複数人まとめて応募の規定があるのは児童劇団とか子役スクールの応募を想定しているのでしょうか。

書類が通過したら8月の頭に実技審査。ここは夏休みだからまあいいと思いますが、そのあと9月10月にワークショップ形式のレッスン。これは週末なのか平日放課後なのか。それが終わって11月にやっと最終オーディション。コロナに備えてダブルキャストトリプルキャストくらい採用しそうですが、それでも狭き門なのは間違いありません。

合格したら稽古が1月中旬から2月下旬、つまり3学期の間ずっと稽古です。脚本で出番の量は調整するとしても、アーニャだったら漫画なら主人公の1人ですから、すっぽかすわけにはいきません。で、春休みの3月が本番、で終わらずに4月5月にツアーです。

学校休んでも構わないという親を含めた体制が前提で、うっかりすると普通教育を受けさせる権利に抵触しそうなスケジュールです。世の中いろいろなのでその是非をここでは問いませんが、客も安からぬ木戸銭を払うのがミュージカルではありますから、その場に立つためにこのくらいの努力が要求されるという一例です。

ちなみにキャスティングはまだ発表されていませんけど、誰が来るでしょうか。ミュージカルには疎いので、雰囲気でロイド役に浦井健司、ヨル役に松たか子、ユーリ役に藤原竜也とか言っときます。注目は夜帷役ですけど、宝塚男役出身者から誰かが起用されると予想します。す。

アナウンスが丁寧な片岡仁左衛門休演

松竹「歌舞伎座『六月大歌舞伎』第三部 片岡仁左衛門休演のお知らせ並びに第三部演目変更のお知らせ」より。

2022年5月12日

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
歌舞伎座「六月大歌舞伎」第三部『与話情浮名横櫛』の与三郎に出演を予定しておりました片岡仁左衛門ですが、頭皮における帯状疱疹(たいじょうほうしん)が発症し、舞台に立つのに必要なかつらを掛けることができず、休演させていただきます。その他の体調に関しては問題ございません。

それに伴いまして、下記の通り「六月大歌舞伎」第三部の演目・出演者を変更して公演いたします。

◆歌舞伎座「六月大歌舞伎」第三部
【6月2日(木)~27日(月)午後6時開演 休演9日(木)、20日(月)】

有吉佐和子 作
『ふるあめりかに袖はぬらさじ』
芸者お園 坂 東 玉三郎
通辞藤吉 中 村 福之助
遊女亀遊 河 合 雪之丞
岩亀楼主人 中 村 鴈治郎

何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。
皆様には、大変なご心配とご面倒をお掛けしますこと、深くお詫び申し上げます。

最初に休演って見たときにどきっとしましたから、わざわざ「その他の体調に関しては問題ございません」って書くあたり、わかってますよね松竹も。3月に途中休演したばかりですし。

帯状疱疹は過労とストレスが原因でしょうか。3週間では治るか微妙なところで、思い切って休んで養生してください、ってなもんです。

2022年4月13日 (水)

宝塚の入学倍率の話

こんな記事を見かけました。デイリースポーツ「宝塚音楽学校 4回目で合格『信じられない』 元タカラジェンヌ名ダンサーの娘も」より。

 タカラジェンヌを育成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で30日、第110期生の合格発表が行われ、692人が受験し、17・3倍の難関を突破した40人が夢への切符を手にした。

17.3倍とは難関だなと思ったので、難関倍率話題でよく挙がる東大の入学倍率を調べてみました。今載っている最新情報が1年前の情報ですが、記事に合せて受験者数と合格者数で一番低いのが理科一類の2744人対1122人で2.45倍、一番高いのが理科三類の335人対98人で3.42倍です。

他に何かないかなと考えて、東京藝術大学の入学倍率を調べてみました。こちらは今年の情報がすでに載っています。志願者数と募集人員なので厳密には違いますが、一番低いのが音楽学部邦楽科の41人対25人で1.64倍、一番高いのが美術学部絵画科油画の951人対55人で17.29倍です。

つまり、藝大の最難関コースと宝塚音楽学校とで、倍率がほぼ同じです。

もちろん東大は優秀さでふるいにかけられたあとの受験者による倍率ですし、藝大だって芸術実技のコースは試験の時点で実技が一定以上できる受験者による倍率です。さらに宝塚音楽学校は入学時年齢が15歳から19歳なので対象年齢も違います。が、公開されている審査内容も第3次試験まであってなかなかの厳しさです。

・面接では、容姿、口跡、動作、態度、華やかさ等、宝塚歌劇の舞台への適性を審査します。
・歌唱試験では、課題曲の歌唱により、声量、声質、音程等を審査します。加えて新曲視唱により基礎的な読譜力を審査します。
・舞踊試験では、リズム感など基本的な運動能力や柔軟性、ならびに洋舞の適性等を審査します。課題は、当日試験場において本校生徒が模範演技を示します。

華やかさまで審査対象になる点は、筆記試験の東大や実技の比率が高い藝大よりしんどいとも言えます。それで受験のライバルが、ミス・ワールド・ジャパンのファイナリストや、親が宝塚の二世です。東大にも藝大にも二世三世はいるでしょうが、勝るとも劣らない難関と言えます。

音楽学校入学が40人です。そして今の宝塚は5組それぞれに70人強、それと専科で、ざっと400人です。途中辞める人もいれば長く活動する人もいて、在籍平均がざっと10年になります。最初の1-2年は慣れるところからでしょうが、通算10年活躍してもらわないといけない。そのための基礎をゼロから2年で叩きこむのは無理だし、芸能ごとで客から求められる華やかさは先天性によるところが大きい。それに応えられる人材を宝塚の芝居で魅了して引き寄せないといけない。

順調に回っているときはいいですが、駄目になったらとことん駄目になるシステムです。いきおい、音楽学校入学時点の重要性が高くなり試験も厳しくなろうというものです。

<2022年4月14日(木)追記>

全文引用するなと指摘が来たので記事部分を倍率の個所のみに削減。

2022年4月11日 (月)

新国立劇場バレエ団が見せたいろいろな支援の形

「アンチポデス」がプレビューに続いて初日も延期と聞いて新国立劇場の公式発表を見に行ったら、たまたま見つけました。「ウクライナ情勢の影響により帰国しているダンサーのクラスレッスン受け入れについて」より。

2022年4月11日

新国立劇場バレエ団は、ウクライナ情勢の影響により帰国している、プロフェッショナルとして活動中のバレエダンサーをサポートいたします。
大変難しい状況下におかれている方々への支援の一環として、バレエ団のクラスレッスンを提供させていただきます。僅かながら一助となれば幸いです。

ご希望の方は下記の内容をご覧いただき、下記のメールアドレスへご連絡ください。
募集内容
レッスン期間:2022年4月より 
スケジュール:平日10:00~12:00の間で75分程度
場所:新国立劇場 リハーサル室
お申込み先: buyo_fm@nntt.jac.go.jp へメールにてご連絡ください。
その他
※事前に連絡先や職歴などをご記入いただく書式、参加にあたっての承諾書をご提出いただきます。
※初回のレッスン前および定期的に実施する、劇場の指定するウイルス検査を受検いただきます。
※新型コロナウイルス感染拡大予防対応によるリハーサル室のスペースの都合上、定員になり次第お申し込みを締め切らせていただきます。

吉田都舞踊芸術監督よりメッセージ

バレエダンサーには毎日の基礎レッスンが欠かせません。ウクライナ情勢のために、急に拠点を離れ稽古場を確保しなければならない状況に置かれたダンサーたちに、バレエ団のクラスレッスンを受けていただきたいと思います。私自身もイギリスを離れ日本でフリーとして活動することになった時に、スターダンサーズ・バレエ団のクラスレッスンに参加させていただき、大変有難く思った経験があります。

新国立劇場バレエ団にできることはどういうことか、考え続けています。少しでも辛い思いをされているバレエダンサーの力になれるよう、これからも動いてまいります。

ウクライナ関係者に直接支援するのではなく、自分たちの守備範囲にある巻きこまれた人達に、無理のない形で間接的に支援を提供するのが、何というかその、いいですよね。「帰国している」とあるので邦人メインかと思いますが、ウクライナ難民にもダンサーがいるかもしれない。そういうところにつながる可能性もある。

世間全般の各種支援の中では地味なほうに分類されるでしょうけど、国公立劇場にふさわしい活動です。侵攻から2か月経っていないのに実現までもっていった芸術監督および関係者の努力が報われますように。

2022年4月 6日 (水)

表現の自由は他人の自由を含むか

走り書きです。

去年の年末にこんなことを書きました。これはコンテンツ(あえて芸術とは言わない)を創る側の表現の自由についてです。

一番は自民党が参議院の立候補に漫画家を立てての表現の自由に関する話題です。ことさらに取りあげるのは、表現の自由なんて芝居関係者には自明のことと考えるのは早計だからです。もともと左翼的イデオロギーの強い舞台関係者の中に自民党大嫌いという人達が一定数いて、表現の自由より自民党嫌いを優先させるひねくれものが一定数出てくる可能性があります。私自身もその傾向がありますが、大義のために気に入らない奴のことを我慢するくらいなら、大義なんて蹴っ飛ばして気に入らない奴をけなすほうがいい、と思うことは度々あります。それが行き過ぎて、自民党を応援することになるくらいなら表現の自由をあきらめてもいいと言い出す関係者が出てこないか、比べられないものを比べて蹴っ飛ばす人が出てきてしまわないか、今からドキドキしています。出てこないことを願います。

ただ最近思ったのは、コンテンツに対する表現の自由は案外認められるのではないか、その代わりにコンテンツに対する評価を統一するような動きが出る可能性があるのではないか、です。この統一の対象とは、面白いつまらないの評価だけではなく、そのコンテンツの社会的立ち位置についての評価です。

例を挙げます。いまロシアをテーマにした新作芝居をつくるとして、ロシアを褒める内容の芝居だったとします。この上演は認められるとして、観客がロシアにも認めるべき点があると感想を書けるか。書いた瞬間に芝居と現実の区別がついていない間抜けという非難が飛んでこないか。

観客は芝居を観ての芝居についての感想であり、現実のロシアについては是々非々とわかっていたとしても、読者が多ければ非難は飛んでくるでしょう。むしろ芝居と現実の区別がついていないのは非難した側なのに。いわゆるクソレス、クソリプと呼ばれるものです。だからと言って感想への反応を止めるわけにはいきません。誤解する人間は一定数いるので、少なくとも読解力のある人間に誤解されないように書く努力を試みる必要があります。

一方で、コンテンツと呼ばれるものは鑑賞する側に影響を及ぼすことを志向するので、観客がロシアにも認めるべき点があると感想を書いたらガッツポーズですし、そこに非難の余地はありませんし、非難するべきでもありません。ただし、この時期にロシアをほめる内容の芝居を上演して穴だらけの設定だったら非難されるのは最初から覚悟しておくべきですし、木戸銭払った観客につまらないと感想を書かれたなら甘受すべきです。

表現の自由の定義は「やりたいことをやる」では片手落ちで、「自分にとって気に入らないことをやっていることを認める」まで含みます。もちろん程度問題であり、さすがに人殺しを認めろとまでは言いません。ただ表現の自由とは、自由という名前にも関わらず不自由も強います。

年末に偉そうなことを書きましたが、たまに沸騰して文句を書き散らす自分がどこまで表現の自由を尊重しているかと言われると、自信がありません。このブログでは、少なくとも芝居の感想は、自腹で木戸銭を払った人間として書いてきました。零細ブログと言えども、その線だけは守りたいです。

2022年2月 7日 (月)

新国立劇場フルオーディションの合格者の顔ぶれ

新国立劇場が全出演者をオーディションから募集すると言っているフルオーディション。新国立劇場だから公平に実施されていると信じていますが、正直、観る側にはオーディションでも指名でもどちらでも構わなくて、最後に並んだ顔ぶれで期待度が決まる企画です。

そのフルオーディション、次の企画は「エンジェルス・イン・アメリカ」。まだ観たことがないので今回観られるといいなと考えていました。で、出演者が決まって発表になっていました。オーディションに1600人が応募してくるのも凄いけど、合格者の顔ぶれがこれだそうです。なんかもう、山賊の親分たちが満を持して襲い掛かってきた感がある。

観る側からしたら、おっいい感じの出演者、ってなもんですけど、応募した側は大変ですね。1600人を相手にするだけならまだしも、この顔ぶれを相手に出演を勝ちとるのはしんどいものがあります。これを相手に負けたって、しゃあない次だ次、くらいなもんです。そういうときにぴったりなのがロバート・デ・ニーロの卒業スピーチなので過去エントリー紹介です。と思って今見たら元のサイトが登録制になっていたので、別のリンクを張っておきます

それはそれとして「エンジェルス・イン・アメリカ」は観たいので、新型コロナウィルスが収まって無事に上演されてほしいです。

2022年1月23日 (日)

文化芸術の基本情報がほしい

前のエントリーの続きみたいなものです。

2021年の年末に「文化審議会第1期文化経済部会(第1回)」なる会議が開催されたのを知りました。ひょっとしたら文化芸術分野の基本情報を収集や分析するのかなと思ったのですが、資料を読む限り、舞台関係は「創り出す」「拡げる」「振興する」が主眼です。委員のメンバーを見ても舞台関係に詳しい人はいないようです。

「グローバルなスケールで活躍するトップレベルの芸術家の育成や、世界的な芸術作品作りを逍遥することで、世界からの『憧れ』を生み出すとともに、日本(人)をさらにプロモートする。」なんて抽象的な文章の極みで、「グローバルなスケール」も「活躍」も「トップレベル」も「憧れ」も「プロモート」も定義がありません。活躍したと言い張ればそれで通る文章です。ただ、しょうがないんですよね。定義の基となるべき基本情報が何もないので。

個別の助成金や支援金を出すより、基本情報を継続的に集めるところに予算を付けて文化庁が活動したほうがいいんじゃないかと最近は思うようになりました。土台のないところに足場は組めません。組んでもあっという間に崩れる。

本当なら業界が積極的に活動するところですけど、「業界の公益」を目指す活動には文化芸術系の業界自体が大なり小なり向いていません。絵画彫刻建築などの文化財が対象だともう少し具体的にできますが、表現系の分野あるいは作家自身といった人間の活動を対象にすると、途端に行き詰ります。

加えて、日本の文化芸術系の分野では、アマチュア活動からプロ活動までの境が曖昧なので、プロ自身が業界分析するのに向いていません。かといってアマチュア活動とプロ活動に明確な線を引くと、日本の場合、その瞬間から業界の衰退が始まると考えます。

だから業界関係者から一歩引いた文化庁がいいと思うのですけど、でも見方によっては文化庁こそ当事者ですよね。都合のいいデータを集めて牽強付会な政策にならない保証はない。そんなことを言ったら切りがなくて誰にも基本情報なんて集められませんけど。

基本情報は誰が何をどうやって出すのがいいんでしょうね。

2022年1月15日 (土)

いろんなキャリアがあるもんだ

昨今マンガも読む頻度が増えました。そのなかで「アンナ・コムネナ」が、なかなか面白かった。もとはTwitterマンガで1話1ページですけど、実在の人物を元に、マンガらしい省略と誇張で描きます。

で、私は紙本派なので、末尾に作者の経歴が載っていました。これがマンガと同じくらい興味がある経歴でしたので、あらためて検索しました。本人のサイトより。

佐藤二葉 (さとうふたば)
俳優・演出家・古代ギリシア音楽家・作家

北海道出身。

国際基督教大学卒業。首都大学東京大学院博士前期課程中退。西洋古典学を専攻し、ギリシア悲劇を研究する。座・高円寺劇場創造アカデミー演出コース修了。

ギリシア悲劇の構成・翻訳・演出・演奏・出演を一人で行う「ひとりギリシア悲劇」を展開。

舞台の出演・演出や、東京学芸大学・国際基督教大学・朝日カルチャーセンターなどでゲスト講師を務めるほか、古代ギリシアの竪琴「リュラー」の演奏活動を行っている。

作家としても活動しており、著書に漫画『うたえ!エーリンナ』(星海社COMICS、2018)、小説『百島王国物語 滅びの王と魔術歌使い』(星海社FICTIONS. 2019年)、『アンナ・コムネナ』(星海社COMICS、2021~)がある。

「ピクニックシアター」の企画・運営を2014年から継続的に行う。

西洋古典学を専攻する人は日本にもいるでしょう。ギリシャ悲劇もいるでしょう。そこから座・高円寺の演出コースにつながる人はなかなかいない。出演者1人のシェイクスピアは観たことがありますけど、翻訳から演奏からなにから1人でギリシャ悲劇をやる人は寡聞にして知らない。他に世界にいるのかそんな人。それにハープでなく竪琴って小説やゲーム以外に現代に登場する楽器なのか。

偏見ですけど、ICUと言われたら納得するようなキャリアです。世の中は広い。

話は戻って、「アンナ・コムネナ」は舞台化に親和性があります。マンガや小説を読み終わった後、これは舞台化できるかアニメ化が向いているか実写化がおもしろいか、と考えることが多いのですが、「アンナ・コムネナ」は舞台化が向いています。完結した暁には誰か舞台化してくれないかと思うのですが、こういうキンキラピカピカの世界はやっぱり宝塚ではないかと一度も観たことがないのにこれも偏見で考えたので、宝塚関係者はぜひ一考を。

2021年12月22日 (水)

Wキャストの主演女優が亡くなった時の対応の記録

「マイ・フェア・レディ」の話です。あまり細かい話には触れないで、記録のつもりで。まずはスケジュールの確認。

・2021/11/14-11/28 東京
・2021/12/4 埼玉
・2021/12/10-12/11 岩手
・2021/12/17-12/20 北海道
・2021/12/25-12/26 山形
・2022/01/01-01/03 静岡
・2022/01/06-01/07 愛知
・2022/01/12-01/14 大阪
・2022/01/19-01/28 福岡

新型コロナウィルス以降、今どきこんな絵にかいたようなツアースケジュールがあるのと思いつつ、陽性者が出たときの中止対応もスムーズに行なえる、理想的なスケジュールです。

出演者はイライザ、ヒギンズ教授、フレディがWキャストで組まれていて、それぞれ
・A 朝夏まなと、別所哲也、寺西拓人
・K 神田沙也加、寺脇康文、前山剛久(博多公演は寺西拓人)
となっていました。

東宝公式サイト「公演に関する重要なお知らせ」より。

神田沙也加さんは12月18日(土)に急逝されました。
ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。

現在全国ツアー公演中の『マイ・フェア・レディ』札幌公演につきましては、公演の継続は困難との主催者の判断により、12月19日(日)、20日(月)の公演の中止が決定されました。お客様には大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。

チケットの払い戻し方法につきましては、道新プレイガイドのホームページにて12月2
0日以降発表させていただきますので、そちらをご確認くださいますようお願い申し上げ
ます。なお以降の全国ツアー公演については、後日改めて当ホームページおよび各地の主催者のホームページにてお知らせいたします。

広く日本のエンタテインメント界に多大な功績を残された神田沙也加さんに敬意を表し、心からの哀悼の意を捧げます。

2021年12月19日
東宝株式会社

報道では、12月18日の昼公演がチームKの予定だったところ、神田沙也加と連絡が付かないので当日は朝夏まなとが代演、翌日以降の北海道公演を中止した、となっています。

このあとどうなるかと思いましたが、チームAのみでの公演続行となりました。「ミュージカル『マイ・フェア・レディ』12月25日(土)以降の公演に関する重要なお知らせ」より。

神田沙也加さんは12月18日(土)に急逝されました。
ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。

12月25日(土)から明年1月28日(金)にかけての山形・静岡・愛知・大阪・福岡公演につきましては、各主催者との協議のうえ、イライザ役・ヒギンズ役・フレディ役の3役を、朝夏まなと・別所哲也・寺西拓人の「チームA」にて、全公演を務めさせて戴くことといたしました。神田沙也加・寺脇康文・前山剛久の「チーム K」の公演を楽しみにされていたお客様におかれましては大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。何卒ご了承いただけますと幸いに存じます。

広く日本のエンタテインメント界に多大な功績を残された神田沙也加さんに敬意を表し、
心からの哀悼の意を捧げます。

2021年12月21日
東宝株式会社

両チームからの代表コメントをスポーツ報知「寺脇康文、沙也加さん遺作『マイ・フェア・レディ』25日再開も出演キャンセル『本当に悩みました』」より。

2021年12月21日 17時15分
(前略)
 沙也加さんの訃報を受け、札幌公演は19、20日の2公演が中止に。関係者が公演続行について協議を重ね、25日から再開することになった。沙也加さんが演じていた主人公イライザ役はダブルキャストの朝夏まなとが一人で演じきる。お互いをリスペクトし合い、プライベートでも仲良く深い絆で結ばれた2人。朝夏は悲しみをこらえて舞台に立つ。

 寺脇康文「この度、『マイ・フェア・レディ』の残りの公演の出演を、キャンセルさせていただくことに致しました。舞台人として、どうあるべきか、本当に悩みました。プロ意識に欠けるのかもしれません。それでも、イライザとヒギンズの二人三脚で作ってきたこの作品をこのまま続けることは今の僕には難しく、東宝さんをはじめとするカンパニーの皆さんもそのわがままを受け入れてくれました。楽しみにしてくださったお客様には大変申し訳ありません。自分にとっても本当に大切なこの作品は、朝夏まなとさん、別所哲也さんコンビが引き受けてくれます。最大の感謝とともに、千穐楽までの完走を祈ります」

 朝夏まなと「いつもインタビューで一番好きなミュージカルは『マイ・フェア・レディ』と言っていたさぁちゃん。(神田沙也加さんをこう呼んでおりました)私の宝塚退団後の初ミュージカルが本作品で、さぁちゃんからたくさんのことを教えてもらったり、他愛もない話をしたり、すぐに打ち解けて仲良くなりました。生き生きとイライザを演じるさぁちゃんが眩しくて、歌声も大好きでした。今、思い浮かぶのはさぁちゃんの笑顔です。日本で初めて上演された歴史あるミュージカル『マイ・フェア・レディ』。上演か中止か、どちらの決断が下されてもきっと様々な方々のお気持ちが複雑に交錯することもあるかと思います。けれどこの作品を愛する皆さまの気持ちも一緒にすべてのカンパニーキャスト、スタッフが一丸となり『マイ・フェア・レディ』を続けていくこと、この作品を全国の皆さまにお届けしたい…それがみんなの願いです。カンパニーを代表しまして、心よりご来場をお待ち申し上げます」
(後略)

公演中に亡くなった例としては、初日の上演中に亡くなった中嶋しゅうの例があります。その場で上演停止、代役を立ててから1週間後に再開、でした。

ただ今回は追加の話があります。FRIDAY DIGITAL「神田沙也加さん急逝 結婚の話もあった交際俳優の悲しみ」より。これが本当なら寺脇康文が大人のコメントを出して引いたのも納得です。

2021年12月21日

多くの人に衝撃を与えた突然の死。ここに姿を見せていないもう1人も、悲しみの淵にいる。舞台『マイフェアレディ』で共演していた舞台俳優の前山剛久だ。

「沙也加さんと前山さんは3年ほど前から面識はあったようですが、今年に入ってから本格的に交際をスタート。舞台だけでなく、アニメ作品など、共通の話題が多くあったことから、すぐに意気投合したとのことです」(芸能プロ関係者)
(中略)
共演者だけでなく、関係者からも2人の親密ぶりは有名だった。

「実は2人は結婚の話までしていたそうで、それくらい幸せに包まれていた。最愛の人の突然死に、前山はまだ現実を受け入れられていないようです。彼のツイッターは12月17日を最後に更新が途絶えています」(前出・芸能プロ関係者)

裏でどのようなやり取りがあったかわかりませんが、今回はこのようになりました、という記録です。合掌。

より以前の記事一覧