2018年3月 1日 (木)

カオルノグチ現代演技「演劇部のキャリー」OFF・OFFシアター(2回目)

<2018年2月28日(水)夜>

おかわり

この時間に観られる芝居があまりなくて、昼間に観た芝居が重たかったから重い芝居を続けて観たくなくて、長い移動も嫌で、芝居以外の選択肢を取るには遅い時間帯で、帰ろう。と考えた瞬間に思いついた選択肢。同じ芝居を2回観ることはほとんどないのだけど、1回目がものすごく楽しかったのと、あのライブ感あふれる演技がどこまで作りこまれていたのか気になっていたのもあって下北沢へ。開演前のオクイシュージの口上、「今宵このとき数多の劇場で幕が開く しかし野口 幾千幾万の芝居の中で 俺はこの芝居を一番にしてみせる」だったか(適当)、あれでぐっと引込むようになっているのに今さら気がついた。格好いい。

違っていたのは気がついた範囲では
・前座でカーテン開けすぎとか喉が冷えるとかこれで学校公演1ヶ月くらいやりましょうよとかそういう細かいやり取り
・エチュードで脱いだミッキーへの突っ込み
・エチュードで先輩がミッキーにやらせる適当なストーリー(適当なところで止めた野口かおるにオクイシュージがまだ続きがあったんだけどねと返すと、え、そうだったんだと素に戻りそうになる細かいやり取りは面白かった)
・エチュードと稽古(だったか?)で客席にまで行こうとすること2回
・観覧車の場面で誤解したミッキーを抑える先輩の場面(口がキスのミッキーを手でがっちり押さえる形から頬を付けながら話す形に)
・結果を聞いたミッキーの泣く長さが少し長かったかも
くらい。前座とエチュードの場面を除いたらほとんどない。掛合いが掛合いを呼んでライブ感を出していく面はあるだろうけど、それでもあそこまで作りこめるものかと感心しきり。

モダンな演技なら同じ感情を再現して違う動作で演じるものだと言う人もいるかもしれない。でも椅子2つしかないあの狭い舞台では場面を想定して肝の動きを決めないと観る側が混乱するし、何より作りこまれた脚本があのテンポを求めている。繰返すけど、作りこんだ中にはライブ感まで含まれている。再演で、脚本家が演出したというアドバンテージはあっても、適切な声とテンポをあそこまで突詰めて再現していたのはさすがプロ。ちなみに脚本家が演出した一番のアドバンテージは選曲ではなかったかと推測。

野口かおるの声は劇場の構造か距離の問題か、1回目の近距離観劇ではすごい高音が響いていたけど、離れて聞くと聞きやすかった。オクイシュージの声は、持ち直したけど前座と口上は喉が冷えたどころか滑舌が悪くて一瞬脳梗塞かもと疑ってしまうほど(ごめんなさい)。さすがに1回目のほうが声は出ていた。あのテンションを突っ込み側で一週間続けるのはさぞ喉も体力も消耗するだろう。

勉強になったし、何より2回目でも楽しい芝居だった。千秋楽だからカーテンコール3回までは予想していたけど、まさかスタンディングオベーションする人が出るとは思わなかった。でもその気持ちはわかる。

「Love Letters」みたいに他のコンビでも上演しても面白そうな脚本。年齢が高校生のダブルスコア以上が条件とか。昼間に観た岡本健一と中嶋朋子とかでも務まりそうだし、染五郎あらため幸四郎と松たか子の兄妹出演とかチケット代2万円でも観る。ただこのいい意味での小劇場感、部員が2人しかいなくて廃部になりそうな弱小部活からの一発逆転感はやっぱり今回のコンビのはまり役であり当たり役だった。

| | コメント (0)

2018年2月25日 (日)

カオルノグチ現代演技「演劇部のキャリー」OFF・OFFシアター

<2018年2月24日(土)夜>

部員が次々と退部して、本来ならすでに引退しているはずの3年生男子が1人と、後輩の女子1人の2人しか部員がいない高校演劇部。毎年の演劇大会を控えるが、2人で上演できる面白い演目が決まらない。いっそやりたいものをやる、という方針で映画の「キャリー」を元に上演することを決める。2人で盛上がって本気で県大会を目指す機運は高まるも、脚本が書けない、音響と照明は助っ人を頼めても部員がいないから美術までは手が回らない、偵察に行ったライバル校は面白い。大会が迫るなか連日の猛稽古。果たして結果は如何に。

狭い劇場で着替え以外ほぼ出ずっぱりの2人芝居。今時こんなテンションの高い芝居を上演しているのかという、いい年して学ランとセーラー服を着た役者が演じる青春部活物語。観ていて相当楽しんだ。これを見つけて観に行った自分のフットワークの軽さをほめたい。

入江雅人の既存脚本らしいけど、あえてベタとは言わない、ツボを押さえてテンポの良い展開と数限りないボケとツッコミ。いわゆるいい話だけど間違いなく勢いを要求される脚本。後輩女子の野口かおるが開演前からサービス満点のテンションで、それを全部拾っていく先輩男子のオクイシュージという役割。これがどちらもはまり役だった。今までほとんど出演作を観ていなかったけど、野口かおるってこんな爆発力のある役者だったか、去年の「絢爛とか爛漫とか」を観ておけばよかったと悔やまれる事態。そしてオクイシュージが真摯というか、脚本に尽くす演技でそれを支えていた。勢いはあっても勢いに頼らない演技力は確かなものだし、劇中劇もきっちり仕上げていたし、ちゃんと学ランとセーラー服が成立していたし、顔芸も面白かった。しいて言えば野口かおるの超音波のような声がたまに耳に痛いけど、高校生役ならあのくらいでないとなとも思う。

ちまちました芝居や小難しい芝居はいらん、何よりもまずエンターテイメントとして楽しめないと駄目だろ、という人にはぜひお勧めしたい今回の芝居。ただし当日券だと桟敷席になるのでその点は注意。最前列で迫力満点だけど、この劇場では最前列のありがたみは薄いし腰がきつい。事前調査では100分だったけどざっと110分だった。かといってあれでペースが遅いとも感じなかったので、前座芝居で時間を使いすぎたか。

カオルノグチ現代演技はこれが最初らしいので、ぜひ今後も続けてほしい。

<2018年3月1日(木)追記>

千秋楽も観たので感想をアップロード。

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

ナイロン100℃「ちょっと、まってください」下北沢本多劇場

<2017年11月18日(土)昼>

謎の反対運動が繰広げられる町に住む、子供2人に元詐欺師の執事と女中がいる金持ちの家庭。間違い電話も日記に書こうとするくらい退屈すぎる日常だが、内実は借金で火の車なのを夫はしらず、妻と執事がやりくりしている。その家の庭に来たホームレスの家族は、妹が面識のないこの家の息子と結婚すると言っている。やがて家に侵入した妹はなぜか主人と結婚して妻が家を出て行き、ホームレスの家族も居つくことになるが、その父は庭でそれまでどおりの生活を続ける。

登場人物が突拍子もないことを言うと、他の登場人物が真に受けて劇中の設定が変わりどんどん進んでいく、粗筋が粗筋にならない芝居。不条理劇というものらしい。らしい、というのは、こんなに登場人物が真に受けて設定が変わっていく芝居のことをそう呼ぶのかどうかわからないから。「ゴドー待ちながら」も観たことがないくらい不案内。

先にメタなことを書いてしまえば、いろいろな物事がいつの間にか決まったり変更されたりして進んでしまい、しかも大勢の人間が納得してしまっているように見える今の日本の社会にたいして「ちょっと、まってください」「そのまま行くととんでもないことになりますよ」と言いたかったのだろうなと推測する。オープニングでマギー演じる詐欺師に「騙しているうちに嘘か本当か自分でも区別がつかなくなるので詐欺師はやめました」という台詞を言わせるのはずっと芝居を貫くトーンなのである意味親切な説明。芝居の最後に反対運動の一環で子供の声で、うろ覚えだけど「絶対賛成、絶対反対、あなたはどっち」みたいなコールを流したのは、何でも二分でしか判断しようとしない人たちへの皮肉。他にも劇中にそういうものが満載。こうやって書くと重苦しく見えるけど、それを筋には出さないであれだけ笑わせるのだからKERAはすごい。

ただ、全然不条理劇を観たことがない人からすると、とりあえずその環境は受入れるけど登場人物は釈然としないで振回されるのが不条理劇というイメージがある。その点、ベテラン劇団員は全体に流暢に演技しすぎて「釈然としない感じ」が足りなかったのではないか。もちろん上に書いたとおり、今の日本の状況を揶揄するなら流暢に転がしていくのは狙い通りだし、重いことを重いまま上演することを笑いの一人者であるKERAに期待はしないのだけど、それでももう少しナンセンス風味を控えた演技を探る余地があったと思う。

だから自分が今回印象に残ったのは執事役のマギー、ホームレス一家の妹の水野美紀、女中役の小園茉奈と、客演やあまりこれまで出ていない劇団員だった。マギーは最初から最後までずっと微妙な違和感を感じさせてさすが。水野美紀は兄と戯れる場面とか金持ちの夫に求婚されたと語りだす場面の、透明感というか現実感のなさというか、あの違う世界に入っている感じが好き。小園茉奈はごく素直な演技がこの芝居では生きた感じがするけど、今さら劇団員を育てるつもりがないであろうこの時期に劇団に執着するのはもったいないので、次の次公演は出演が決まっているみたいだけど、他にも出番を求めて成長してほしい。

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

ワタナベエンターテイメント企画製作「関数ドミノ」下北沢本多劇場

自動車が歩行者をはねたはずなのに、歩行者は無傷で自動車が大破、助手席の同乗者が瀕死の重傷となる。状況が不可解なため、再調査を依頼された保険調査員に集められた関係者たち。だが関係者の証言を再確認しても原因は不明のまま。話が行き詰ったところで、目撃者の一人が仮説を提案する。願いが何でもかなう人間が存在する「ドミノ理論」、その中でも思った瞬間に願いが叶う「ドミノ1枚」の人間がいたのではないか。提案した目撃者はこの仮説を確かめるためにある手段で調査を開始する。

自分が以前観たイキウメ本家はリライト版で、今回が初演版とのこと。演出の違いがあるにしても、印象が全然違ってもっとシリアスに。もともと面白い脚本が、全体にハズレのない役者陣でさらに面白く上演。その中でも目立ってよかったのは瀬戸康史と柄本時生だったけど、久しぶりに見た勝村政信ともっと久しぶりに見た千葉雅子の信頼感はさすがだった。いままで気がつかなかったけど、ひょっとして寺十吾っていい演出家なのかも。

勧められる仕上がりだった、といいたいけど、前回に続いて今回も前列端席を引いてしまい減点。しゃべっている役者の顔が見えないどころかその陰になって奥の役者まで見えない場面が多数。主なアクティングエリアは上手手前、下手手前、奥を含めた舞台全部の3パターンだったけど、席に近いエリアを使われたときのほうがむしろ見切れが激しい。端席より中央補助席のほうがいいのでそこは注意。

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

M&Oplays製作「皆、シンデレラがやりたい」下北沢本多劇場

<2017年2月24日(金)夜>

メジャーデビュー前の男性アイドルの追っかけで知り合った女性3人。中の一人が経営するスナックに集まっては男性アイドルの話題で盛上がる。ある日、男性アイドルの寝顔を付きあっている女性アイドルがTwitterに投稿したことで炎上する。相手の女性アイドルが許せない3人は、貶める情報の検索や拡散に努めるが・・・。

役者の根本宗子は観たことがあったけど、脚本演出作品は初見。追っかけ以外は趣味も境遇も異なる3人の違いを、結構ひどいこと言葉でカラッとした笑いに紛れ込ませつつ、追っかけ側の思い込みや妄想論理を明快に描いた1本。今まで見逃していたのがもったいないと思わせる仕上がり。

途中ものすごい早口でまくしたてるのも含めて、いまどき珍しい1時間45分でお腹いっぱいの満足感。このスピード感と誇張感は最近細っていた小劇場のノリと笑いを使いこなしている。小劇場から大きくなった代表的な劇団から腕利き女優を3人集めるキャスティングからして趣味がはっきりしていて、よくぞ集めたという感じ。美術や衣装や音楽が芝居のトーンに揃っていて、目が行き届いていた。最後はあれだけのために人を集めたという思い切りのよさも魅力。

これで出演もやってかなり上手だから、できる人はできるんだなと思い知らされる。チラシに挟まっていたインタビューを読んだら学生時代に年間100本観てメモを残していたのもすごいけど、コメントのいちいちがはっきりしている。この前スズナリでやっていたと思ったらすでに本多劇場2回目だったのも納得の出来。観て損はしない。

| | コメント (0)

2016年3月17日 (木)

M&Oplaysプロデュース「家庭内失踪」下北沢本多劇場

<2016年3月11日(金)夜>

定年の男と、再婚した年下の妻。二人暮らしの家に、前妻との間の娘が戻ってくる。夫が気に入らないための別居だという。夫は会社の部下を週末ごとに様子見によこして、今では一家が夕食の用意を考えるくらい来るのが当たり前になっているが、本人は一向に来ない。

初日観劇。「蒲団と達磨」の後日談、らしいが、これだけ単発で観ても大丈夫。台詞と真意との乖離が激しいのはいつもの岩松了脚本だけど、そこをいつもより匂わす親切演出。妻への好意がこじれて不信な行動に出る夫たちに対して、そんなことは百も承知であきれているが表面上は合せている妻たちとのすれ違いを何組も描いて、タイトルに相応しい怪しさ満載。登場しない人物を使って話の奥行きを見せるあたりは安定の脚本術。

部下を誘惑する再婚妻を演じる小泉今日子も、出戻った小野ゆり子も色っぽくて、出てくる女優みんなをいつもどうやって色っぽくさせるのか、岩松了に訊いてみたい。その分男性陣は情けない役ばかり。その中でも本当に失踪して見せた不審な男を演じる岩松了は楽しそう。ただ、登場人物全員が何かしら情けない人たちのはずだけど、風間杜夫と小泉今日子の2人はもともと貫禄がありすぎて、その分だけ芝居が立派になりすぎた感もあり。贅沢な悩み。

「蒲団と達磨」よりもさらに間接的な芝居で展開するので、派手でスカッとする芝居を求めている人には向かないけれど、このくらいネチネチして観客に積極的に想像力を要求する芝居は珍しいし、それで質が高いものはさらに貴重なので、ぜひ挑戦してみては如何。

| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

ブス会「お母さんが一緒」ザ・スズナリ

<2015年11月19日(木)夜>

3姉妹が母の慰労のために温泉旅館に宿泊している。文句の多い母に辟易しつつ、お互いも揉める姉妹。夕食に用意するサプライズで追加のプレゼントをあげるあげないで長女と次女が揉める中、三女が用意していた追加のプレゼントは・・・。

初日観劇。女同士というだけでなく姉妹という身内の関係も絡めた話は、昔話まで遡って傷口を暴きにかかる言葉のボクシング。ここまで言葉で殴りあうかという脚本だけど、役者が立上げに成功して眠気もふっ飛ぶ2時間。

筋も演出も面白いけど、話が微妙にいまどきの家族問題に触れていて、笑うに笑えない場面も多数あり。「人生は間近で見ると悲劇だが俯瞰で見ると喜劇である」を体現した芝居だった。笑える者は幸いなるかな。

キャスティングに加えて劇場の狭さがこの行詰まり感に寄与しているので、仮に再演されてもどこまで面白さが再現されるかは不明。結構よい値段だけど初日時点ですでにクオリティが値段にまさっている当日券は毎公演発売とのことなので観られる人は今回ぜひ挑戦を。

<2015年11月20日(金)追記>

内田慈の歌が上手かった、って書くのを忘れていたので追記。

| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

大人計画ウーマンリブ「七年ぶりの恋人」下北沢本多劇場

<2015年10月31日(土)夜>

昭和の懐かしのアイドルが、余りに姿が変わりすぎて出られないと生放送の出演を拒否する、という話を通しつつ、まったく関係ない話も含むコント集。

多目のアドリブ、自分も出演中の宮藤官九郎がそれを観て笑うところ、伊勢志摩をキャラクターに採用したコントまで。何か既視感がと思ったらタイトルからして「七人は僕の恋人」の路線だ。どちらかというと笑わせるより笑われる方面を目指したか。あまり深いことを考えてはいけない。楽しんだものの勝ち。

じっとしていられないグループが歌って踊る場面が妙に全員上手なあたりにアホな大人の馬鹿騒ぎ感が漂ってよいけど、出演者に投げっぱなしで各自が力技だろうが何だろうが笑わせないといけないところに丸投げで追い込んで責任を取らないあたりは、昼に観た芝居よりもある意味で大人のコント。

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

日本の30代「ジャガーの眼2008」駅前劇場

<2015年9月5日(土)夜>

かつての事務所から独立した探偵。路地に転がした林檎の行く先を見届けてほしいと頼んだ依頼主は、自ら探偵の秘書になり探索に勤しむ。その先で見つけたのは、依頼主がかつて愛した男の眼を移植した男。

絶滅寸前のものすごく懐かしい小劇場の香りが漂う芝居。せまい駅前劇場で、力の入った美術と衣装のビジュアルを支えに、飛ぶ唾まで見えるような勢いを2時間最後まで押し通す。

言葉遊びとか登場人物とか、全体にふざけた要素は満載なのだけど、劇団の趣味か演出の方針か、真っ向勝負で役を立ち上げてくる役者のエネルギーがすごい。けど延増静美がほんの少しだけ外してくる場面が2回くらいあったのを観て、もっと遊び心を増やしてもよかったんじゃないかと思う。そうすると2時間では終わらないけど。それはそれとしてこの脚本を演出できる木野花の演出手腕はすごい。

舞台上で、メインで話している登場人物を他の役が取囲んで待機する場面が多くあったけど、男性陣は気配を殺すのに対して、女性陣は眼で演技を続けていて、女性陣のエネルギーに軍配。

何年かぶりの桟敷席で帰りから次の日まで腰が痛くなって、それだけで評価はマイナス200%。次からはぜひ全席椅子席で上演してほしい。

以下余談。エネルギーにあふれて、技術と経験が噛み合ってさらに伸びる贅沢な時期の役者がこれだけ集まっているのだけど、それがいま何で唐十郎なんだろう。小劇場らしい芝居ならそれぞれのホームで出来るだろうに。じゃあどんな芝居がいいかというとそれも思いつかない。古典は次は10年後でもいいと思うし、青年団系の芝居はそちらに任せておけばいいし、ウェルメイドのコメディも違う。新作をやる必要はないけど、せっかくこの年代の役者が揃っているなら、もう少し現代に添った芝居を選ぶか、現代との共通点のある芝居を選んでほしい。30代なんてあっという間に終わってしまうけど、この後どういう路線で行くんだろう。

| | コメント (0)

2015年6月30日 (火)

日本総合悲劇協会「不倫探偵」下北沢本多劇場

<2015年6月25日(木)夜>

ビルの一角に事務所を構える探偵。不倫の調査で依頼主を口説いて関係を持つ。が、翌日に隣の空き部屋で殺人事件が見つかり、被害者は依頼主の夫。その調査に来たのがかつての相棒である女刑事。刑事だったころのコンビで事件を追う。

ずいぶん豪華なキャスティングだと思ったけど、びっくりするほどB級に徹したギャグ舞台。部分的に切れのある台詞もあるけど、ほぼ全編にわたってB級ハードボイルドで、さらに途中でB級であることをさらに揶揄するようなコメントもはさむ。きっちりオチはつけたけど、雰囲気しか残らないというチラシのコメントに嘘はない。

松尾スズキや平岩紙や二階堂ふみが漫画っぽさを出していたけど、それを完全に漫画にしたのが片桐はいり。その割りに出番が少ないというか物足りない。もっと片桐はいりが観たかった。

今回はプロジェクションマッピングも使っていて、松尾スズキは初利用かも。芝居ではKERAが最初に使って、それからほぼずっと使っていると思うけど、それがここまで広がっている。そろそろこなれてきたのかな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧